講談社の「天皇」野間清治の跡取りをめぐる、家族の苦悩

大衆は神である(54)
魚住 昭 プロフィール

桐生野間家の3男で、寅雄の兄の清三が次のような証言を残している。

〈そのころの野間家というのは、桐生と東京に分かれてもまったくの一つのもの。また、はやく言えば、桐生には(子が)大勢いるから幾人か東京へ来て跡をとれっていうような気持ちで、夏休みになれば恒次(二男)と仁一(長男)はその日にすぐ東京に飛んで来ちゃう。恒さんが(桐生に)来れば、また自分の子だかどうかまったくわからないくらいになって暮らしていたわけです。(略)東京の野間家と桐生の野間の間にあって最初の橋渡しは、定子(長女)が養子に行くということで東京に一度引き取られたんです。ところがホームシックになって何としても桐生へ帰りたいというので、桐生へ帰ってきたんです。

その間、野間清治は一人しかいない恒の話し相手に、仁一にいろいろ秋波を送ってやっていたんです。けれど桐生のほうが何としても跡を継ぐ人を作らなくちゃならんので(長男の仁一は養子に出せない)、考えてみると、まず寅雄ならば居つくんじゃないか、性格もおとなしいし、それに柔らかさの中に堅い筋を持っている男ですから、寅雄が小学二年のときに伯父さん(清治)の誘惑に乗って東京へ飛び込んで来たわけです。親をくどく以上に子供がくどかれていたわけです。寅雄自身が二年がかりですっかり東京の伯父さんになついていた〉

そもそも寅雄の名は、戊辰の役で壮烈な戦死を遂げた森寅雄(清治の母・文の弟)にちなんで清治がつけたものだ。大正10年に文が亡くなったとき、清治はその枕元で「寅雄を森家の跡継ぎにさせるから、安心してくれ」と語りかけ1、のちに約束通り、寅雄を改姓させる。

 

血統より名跡

当人にしてみれば、昨日まで野間だったのが突然、森になるのだから迷惑な話だったろう。しかし、清治は寅雄の改姓を疎(おろそ)かにできなかった。なぜなら寅雄が森家を継げば、亡母・文や、祖父・森要蔵らの霊が喜び、子孫を守ってくれるという祖霊信仰が息づいていたからである。

この祖霊信仰には一つの特徴があった。それは、血統の連続と同じように、場合によってはそれ以上に、名跡(代々受け継がれていく家名)の維持を重視したという点である。

実例を挙げてご説明しよう。講談社には創業当初から評判の「婆や」がいた。名を住永つねといった。彼女は読み書きができないのに倉庫係となり、数十種の書籍雑誌の出し入れを担当して誤ることがなかった。その他にも、社内の紙屑の整理から奥の雑用、女中の監督まで一手に引き受けていた。