photo by iStock

致死率ほぼ100%…いまでも怖い「狂犬病」の知られざる現実

日本も無関係ではありません

「狂犬病」という病名を聞いたことがあるだろう。イヌを飼っている人ならば、飼いイヌへのワクチン接種を経験しているはずだ。その名称からも、イヌ特有の病気と誤解されがちである。しかし狂犬病は人畜共通感染症であり、ヒトもかかる病気である。

photo by iStock

5月9日、フィリピンを旅行中に子イヌに指をかまれた24歳のノルウェー人女性が、帰国後に狂犬病を発症して亡くなったと報じられた。ノルウェーでの狂犬病による死者は200年ぶりのこと。しかし、実は毎年世界では約6万人が命を落とすほど深刻な病気なのである。

 

発症したらほぼ確実に死に至る「狂犬病」

犬以外の動物にも感染する。過去の報告では狂犬病ウイルスは、イヌ以外でもネコ、ウサギ、リス、キツネ、アライグマ、コウモリ、マングースなど数多くの哺乳類で保有が確認されている。

どんな症状か。例えばイヌが狂犬病ウイルスに感染すると、徐々に興奮状態になってうろうろ歩き回ったり、目に入るものに手当たり次第に咬みついたり、水、光、音などに過敏な反応を示すようになる。最後はウイルスが脳や神経に回ってマヒ状態となり、舌を出してダラダラよだれを垂らし、やがて昏睡状態になり死に至る。

ヒトへの狂犬病ウイルス感染の多くは、こうした動物に噛まれることで起きる。そしてそれから1~3カ月の潜伏期間を経て、発熱、食欲不振、噛まれた部位の痛みやかゆみに始まり、イヌと同様に水や風などを極度に怖がり、興奮、麻痺、幻覚、精神錯乱などの神経症状を起こし、やがて昏睡状態になり、呼吸障害で死亡する。

狂犬病の怖いところは、いったん発症したら有効な治療法はなく、ほぼ確実に死に至ることだ。年間約6万人もの命が奪われる一方、発症後に生き残った事例は過去の医学論文による報告では世界で6人のみだ。