ドバイで行きたいSPOT 04
1回270万リットルの水を使用
アクアショー「ラ・ペール」

今、ドバイでもっとも人気のエンターテインメントの1つが、シルク・ドゥ・ソレイユを大成功に導いた世界的名演出家フランコ・ドラゴーヌが舞台演出を手掛けるアクアショー「ラ・ペール」。5ツ星ホテル「Wホテル」内に常設の専用シアター「ラ・ペール アクア・シアター」があり、年間450公演が行われています。

1回のショーで使用する水の量は、なんと270万リットル。舞台間近の席だと、水しぶきも飛んできます。

あふれる水の中でのダンスや、息を呑むバイクパフォーマンス、高さ25mからの水中ダイブ。

世界各国から集った65名のアーティストが出演。

ドバイで行きたいSPOT 05
価格交渉も楽しい3大スーク巡り

ドバイ国際空港から15分ほどにあるスークも定番観光スポット。スークとは「市場」のこと。ドバイクリーク(運河)沿いには、布製品を扱う「オールドスーク」、香辛料を扱う「スパイススーク」、装飾品を扱う「ゴールドスーク」の3つのスークがあり、バラマキ土産にしたい小物類などはモールよりもリーズナブルに入手できます。また、活気あふれる雰囲気の中、ローカルの日常を感じたい人にもオススメです。

オールドスークやスパイススークでは、執拗な客引きが多いので注意も必要。いずれのスークでも、購入する際には価格交渉もぜひ!

オールドスークとスパイススーク&ゴールドスークは、ドバイクリークの対岸にあります。スーク間の移動は、アブラと呼ばれる渡し船で。心地よい風を感じながらの船旅を楽しんで。

カラフルなクッションカバー。

可愛いビーズ刺繍のバブーシュ。

アラビアン模様の器。

スパイス、ドライフルーツなど。

近代的な都市、砂漠、ビーチリゾートが30~40分圏内にあるコンパクトシティ、ドバイ。午前中は砂漠で遊んで、午後はビーチへ!というプランももちろん可能。多彩な魅力を短時間で満喫できるのは、コンパクトシティならではです。世界的なハブ空港であるドバイ国際空港内の施設も充実していますが、乗り継ぎ時間が長めにあるならぜひ観光に出かけてみてください!

\合わせて読みたい!/
ドバイのグルメ情報はこちら▶

    
Photo&Composition:Aiko Hayashi Cooperation:ドバイ政府観光・商務局 https://www.visitdubai.com/ja、アラビアン・アドベンチャーズ https://www.arabian-adventures.com(日本語メール窓口:land@vacation-ota.co.jp)
※記事内の写真は、一部を除き、Google Pixel3(https://store.google.com/jp/product/pixel_3)で撮影したものです。