熊川哲也 写真:岡村啓嗣

世界的ダンサーから経営者に。バレエとビジネス共に成功させた20年

強い反発があっても実現したかったこと
英国ロイヤル・バレエ団で東洋人初のプリンシパルとして華々しい成功を収めた熊川哲也が帰国して、自らのバレエ団であるKバレエカンパニーを設立したのが、1999年1月のことだった。

当初こそコンテンポラリーダンスや小品が多かったが、その後レパートリーをクラシック全幕ものバレエに着実に広げてきた。国からの助成金を受けずに株式会社を運営し、クラシックバレエの伝統を継承しつつビジネスとして成功を続ける熊川は、日本のバレエ環境を変え、多くの観客をバレエに呼び込んだ開拓者だ。

所属ダンサーたちや専属オーケストラも大きく成長し、公演の成功をがっちり支えている。バレエスクールや大人向けのバレエスタジオ、ジュニア・バレエカンパニーの活動も順調だ。

その20年で何があったのか、熊川哲也が新著『完璧という領域』にまとめた。バレエ団の経営ではつねに危機感がありながら、「偉大な芸術」が息づく「完璧という領域」にたどり着こうと、すべてのリソースを動員してきた。それはどのような心境だったのだろうか。著書から一部を抜粋する。読後、あなたもきっと誰かに言いたくなるだろう、「ねえ、バレエ観に行こうよ!」

世界でも珍しい、ダンサーにしてバレエ団経営者

Kバレエで過ごした年月は、一ダンサーであると同時に芸術監督、創業者にして経営者という立場に身を置いて、より広く濃密にバレエという総合芸術と向き合ってきた。おそらく僕のようなケースは世界でも例がないのではないか。もともと芸術監督を兼ねているバレエダンサーは少なく、自らバレエカンパニーを運営しているダンサーや振付家となると、さらに珍しい。

芸術監督にもさまざまな形がある。多くは構成、振付、演出などをスタッフや外部に委ね、現場にほとんどいない芸術監督もいる。僕の場合は舞台創造におけるすべてについて自ら手がけるだけではなく、経営者として収支から宣伝にまで目を配った。

芸術監督の多くはバレエ団と雇用契約を結ぶ関係にあるが、雇用する側と雇用される側とでは当然、カンパニーに対する思いに温度差がある。僕にとってカンパニーでつくってきた作品やダンサー、スタッフたちはそれぞれ我が子のような存在であり、それに対してはあふれる思いがありパッションがある。

 

だから自分の中ではダンサーも芸術監督も経営者も教育者も、すべてバレエ芸術を創造し発展させていくという自分の使命の異なる側面なのだ。それらの活動を支えていたのは、ダンサー、芸術監督としてつねに新たな挑戦を続けてきたという思いである。ダンサーやスタッフたちに伝える言葉も、そうした自負に裏打ちされていなければ説得力を持たなかったと思う。

もちろん、自分の中でも経営者とアーティストという立場の間で矛盾が生じることは少なくない。レパートリーの選択にしても、カンパニーのレベルを高めるには、やや難解な作品を踊る必要があるが、幅広い客層に楽しんでもらうポピュラリティーも大切だ。ビジネスだけを考えるなら有名作品を上演したほうがいいが、それでは「観客とともに成長する」という目的が実現できない。時にはマイナーな作品に挑み、バレエの奥深い世界をダンサーや観客に味わってほしい。