「夏はTシャツをよく着るけど、どうしても子どもっぽく見える」「いつもの服をセンスよく見せたい」。そんな悩みを解決するヒントは「小物」にアリ! モデルの高山都さんに、おしゃれに見える小物使いのポイントを教えてもらいました。

連載「高山都のゆるごこちLIFE」では、高山さんのライフスタイルを通じて、毎日を気持ちよく過ごすためのアイディアなどをお届けしています。過去の記事はコチラ

コーデがアカ抜けて、大人感も
プラスする小物は使わないと損

私服はデザイン性がある服より、比較的シンプルで何年経っても飽きのこない服が好きです。特に夏場は、簡単に洗濯ができるし、汚れも気にしなくていいから、Tシャツとデニムを合わせることが多いです。

でも、Tシャツとデニムってそれだけで着ると、スーパーモデルのような人でない限り、ちょっと子どもっぽく見えてしまいますよね。そんなとき、私はアクセサリーなどの小物を使って大人感を出すようにしています。小物をプラスするだけで、シンプルな1.2コーデでも手抜きに見えなくなるのでオススメです。

ヘアターバンがあれば
一気にこなれた感じに

撮影ではよく使っていたのですが、最近、私物で初めてターバンを買いました。このCULT GAIAのターバンはセレクトショップで見つけたもの。たくさん種類があったので、自分に似合うターバンを見つけるために、とにかく巻いて巻いて、いろいろ試しました。

派手な色・柄ではなくて、これぐらいの落ち着いたトーンなら、私としてはアリ。私はショートヘアだし、手先も器用なほうではないから、あまりヘアアレンジができないのですが、ターバンを巻くとそれだけでこなれた感じが出て、おしゃれな印象になります。

今回は、ユニセックスなネイビーの無地Tに合わせましたが、ターバンのおかげで女性らしさが出て、顔まわりも明るくなっていませんか? ターバンを使うのはちょっとテクニックがいるのでは……と思いがちだけど、帽子をかぶるような感覚に近いと思います。だから意外と簡単です! スタイリング剤もつけずにキュッと結ぶだけで、手軽にキメられますよ。

Tシャツ/ATON、デニム/LEVI’S、ターバン/CULT GAIA、ピアス/Grün、バングル(右)/PHILIPPE AUDIBERT、バングル(左)/Garden of eden、チェーンブレスレット/R.ALAGAN、リング(右)/R.ALAGAN、リング(左)/TOMWOOD ※すべて高山さんの私物

大ぶりでやや強めな
シルバーアクセが好き!

これだけアクセサリーをつけていますが、実は私、金属アレルギーなんです(笑)。でも、シルバー925という素材の金属なら肌が荒れないと気が付いてから、そればかり着用しています。私の場合、華奢なものより、ちょっと強めで存在感のあるデザインのアクセサリーの方が、イメージが締まる気がしています。

このコーデのポイントは、腕につけているブレスレット! これ、実はネックレスなんですけど、首にかけるとちょっとtoo muchだったので試しに手首に巻いてみたら、かわいい!と気がついて(笑)。このTシャツじゃなかったら、そのまま垂らしても、二重にしても全然いけますね。

左耳につけている星型のイヤーカフもお気に入り。程よくエッジが効いているから、前から見ても、横から見ても、後ろ姿だって、いい感じにキマリます!

Tシャツ/TANGTANG、デニム/FILL THE BILL、ブレスレットとして腕に巻いたネックレス/Blanc Iris、バングル/Veronica is、リング(左中指)/Hermès、リング(左小指)/Grün、リング(右)/TOMWOOD、ピアス(左右ともに)/Charlotte Chesnais、星型イヤーカフ/chigo ※すべて高山さんの私物

持っているアクセサリーブランドはさまざまですが、ジュエリーデザイナーのお友達の作品だったり、よく行くセレクトショップ(例えば、SUPER A MARKETやH BEAUTY&YOUTHなど)でお気に入りを見つけたりして開拓しています。これからも少しずつ自分に合ったアクセサリーを集めていきたいなぁと思っています。