〔PHOTO〕gettyimages

天安門事件から30年、「鄧小平の勝利」が中国人にもたらした激変

あの時もしも別の道がとられていたら…

現代中国史の汚点

「30年後」の6月4日の朝を、中国は静かに迎えた。

「歴史は勝者が創る」と言うが、本当に今日の中国は、30年前に何事もなかったかのように安静に過ごしている。私は先週、中国へ行ってきたが、「天安門事件」は、まったく人々の俎上に上っていなかった。話題になっていたのは、途中で立ち寄った香港だけだった。

いまの中華人民共和国は、今年10月1日に建国70周年を迎えるが、共産党政権が転覆されるかもしれない危機に陥ったのは、1989年の天安門事件の時、ただ一回しかない。

1957年の反右派闘争、翌年から始まった大躍進と3年飢饉、1966年から10年続いた文化大革命など、現代中国史は「悲劇」が続いた。

だが、有為な若者たちが多数、犠牲になり、人民解放軍が力ずくで鎮圧する映像が世界中に流布したという点で、天安門事件は現代中国史の汚点となる悲劇である。中国当局は死者の数を319人と発表しているが、中国国外の一部研究者は、1000人以上いると推定している。

天安門事件の経緯は、大枠下記の通りだ(時事通信の記事より引用)。

◇天安門事件の経過
【1989年】
4月15日:胡耀邦前総書記の死去
17日:学生が天安門広場で追悼
19日:学生、中南海・新華門に集結
22日:共産党中央による胡耀邦追悼式典
26日:人民日報社説、学生運動を「動乱」と断定
27日:社説に反発して大規模デモ
5月4日 :「五四運動」70周年
13日:広場でハンスト始まる
15日:ゴルバチョフソ連共産党書記長訪中
17日:100万人超がデモに参加
18日:李鵬首相が王丹、ウアルカイシ氏ら学生リーダーと会見
19日:趙紫陽総書記が広場でハンスト学生を説得
20日:北京市に戒厳令施行
30日:広場で「民主の女神」像の除幕
6月3日夜:軍が武力制圧へ進軍
 市民と衝突し、多数の死傷者
4日未明:軍、広場を武力制圧
 広場の学生は撤収
9日:トウ小平が戒厳部隊を慰問

私自身、天安門事件がなかったら、中国ウォッチャーになっていなかった。本日30周年ということで、以下、少し思い出話を書いてみたい。

〔PHOTO〕gettyimages
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら