日本のきほんの調味料とは、さしすせそ砂糖、塩、酢、醤油、味噌、あとは酒とみりんくらい。

だ・か・ら、調味料をおいしくすればいい。さすれば、いよいよ、腕はいらなくなる。

蒸したじゃがいもを熱いうちにかるくつぶして美味しい塩コショウで和えた「だけ」 写真提供/山脇りこ

ふたつめは、ズバリ!今、家にある調味料、全部見直してみて!きほんの、さしすせそ、を、本気で美味しいと思うものに変えてみて!ってこと。

瞬時に、シンプルな料理が抜群においしくなります。好みの味=食べたい味になる。おいしくなってごきげんになります。そしてもしかしたら、身体にも良くて安心にもなる。

次回は、じゃあ、どう見直すのか?醤油、塩、酢、調味料蔵を見て回った経験から、お伝えしたい。

そしてこの機会に知ってほしい、調味料の基礎知識(さらっとでいいから!)を、(たまには)料理家らしく、書いてみたいと思います。

次回は6月20日木曜日。くび洗って……じゃなくて、家の調味料の裏面見ながら、お待ちください。

山脇りこのお気楽養生スープ(5)

『鶏ガラと玉ねぎのスープ』(6~7人分)

鶏がらスープは、この上なくカンタンな放置スープ!だまされたと思って、鶏ガラ(200円~400円)買ってみてください。ちなみに、みそ汁のだしにしても、サイコーです。鶏のうま味はイノシン酸。他のうま味成分(グルタミン酸など)の多い野菜と組み合わせることで、感じるうま味は7倍に。

分量 ※すべて倍にして、まとめてつくるのもおすすめ。冷凍できます。

鶏ガラ 1羽分
水 1リットル
酒 大さじ3(または、飲み残しの白ワイン、赤ワインでも。赤だとピンクのだしになるだけ)
玉ねぎ 1個(長ネギ、白菜やキャベツ(芯でも)、じゃがいも、セロリ、トマトもよい)
マッシュルーム 10個ほど(今回の具。好みで、しめじやしいたけ、パセリでも)
塩 適宜

1.    鶏ガラは、ささっと洗って鍋に入れる。水、酒、皮をむいて4等分したたまねぎを入れて、中火にかける。わいてきたら、目立つあくをとり、蓋をして火を弱めて40分煮る。
2.    そのまま冷まし、ざるで濾す(きれいな透明にしたい場合は、ざるにさらしかキッチンペーパーを引いてこしましょう)。

3.3.2を鍋に入れ(2人分なら、300~350ccほど)、2で使った玉ねぎをきざんだもの、マッシュルームを入れて温め、味を見て塩で整える、好みで胡椒をふる。

####


*1 きのう何たべた?』は よしながふみさんが、「モーニング」(講談社)にて、2007年12号から連載している漫画。弁護士・筧史朗と、美容師・矢吹賢二の2人が日々アパートで(つくって)食べるごはんがたまらなくおいしそうで幸せそうでたまらん。1巻では、結局40代以降の男のイケメンは、痩せている男ってこと、との名言も。あ、主人公2人はゲイのカップル。西島秀俊さんと内野聖陽さんで今年、ついにドラマ化された。

※2 フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人』(速水健朗著、朝日新書)による。フード左翼とは、食=農産品としての安全安心にこだわり(まくる)、「オーガニック」「自然派」「健康志向」あたりのキーワードに敏感な人々。興味深い本です。