6月 9日 発明家のG・スティーブンソンが生まれる(1781年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

世界初の実用的な蒸気機関車を製作したことで知られる発明家、ジョージ・スチーブンソン(George Stephenson、1781-1848)が、この日、イングランド北東部のノーサンバーランド州にあるウィラムという町に生まれました。

【写真】
  ジョージ・スチーブンソン photo by gettyimages

貧しい家庭に生まれ、学校に通うことができなかったスティーブンソンは、14歳から炭坑で働きはじめますが、教育の重要性を感じて18歳から夜間学校で読み書きと算数を学んだそうです。

その後、炭坑で働きながら、ギアやポンプの修理を請け負うようになり、次第に機械に精通するようになりました。炭鉱夫としての給料では生活が厳しく、時計などの修理も内職としていたそうです。

1813年、炭坑主から、馬で引くトロッコに代わる蒸気機関車の製作を依頼され、翌年、「ブリュッヘル号(Blutcher、または命名のもととなったドイツ軍人の名前からBlücher)」の試運転に成功しました。

【写真】ブリュッヘル号
  ブリュッヘル号 photo by gettyimages

線路上を走る蒸気機関車は、やはり炭鉱夫の出身であったリチャード・トレビシック(Richard Trevithick、1771-1833)によって19世紀初頭に発明され、その後も試作されていましたが、ブリュッヘル号が登場するまで、本格的な実用化には至っていませんでした。

スチーブンソンはその後、1825年にストックトン~ダーリントン間の21キロメートルに世界初の旅客用鉄道ストックトン・アンド・ダーリントン鉄道(Stockton and Darlington Railway:S&DR)を開通させています。

【写真】
  ストックトン・アンド・ダーリントン鉄道の1号機関車 photo by gettyimnages

彼が採用した線路幅である1435mmは、世界標準として採用され、標準軌となりました(日本の主な鉄道は1067mmの狭軌)。英国をはじめ、ベルギー、スペインなどで技師・顧問として鉄道建設に携わったスティーブンソンは、現在では「鉄道の父」と呼ばれ、また19世紀イギリス・ビクトリア朝時代の代表的な立身出世像としても広く知られています。

 日本の鉄道の歴史はこの本で 

東京鉄道遺産「鉄道技術の歴史」をめぐる

日本初の鉄道が開業した東京。あらゆる時代、あらゆる種類の鉄道構造物が集積し、今も鉄道輸送を支え続けている。東京に残された「鉄道遺産」を研究の第一人者が解説。 Amazonはこちら

関西鉄道遺産私鉄と国鉄が競った技術史

国鉄と私鉄が競った関西では、独自の構造物を生み出した。関東とはひと味ちがった関西の鉄道構造物を、鉄道総合研究所の専門家が解説。 Amazonはこちら