自己評価のスタート地点よりも「修正」が大切

よく婚活の記事では「レベルの低い男にばかり遭う」と発言する女性が悪者として扱われやすい。そして「こんな男性、私にはもったいない」という女性があがめられやすい。

しかし現実では両者とも婚活市場における評価とのズレがある意味では変わりない。

前者の女性は、高飛車なあまり成婚が遅くなるかもしれない。

しかし後者の女性も、自己評価を下げすぎたあまりに「私にはもったいない」と素敵なお相手との交際を避け、「なぜそんなに自分を傷つける相手を選ぶの?」と周りから心配されるようなパートナーを選びがちという問題がある。

〔PHOTO〕iStock

だからこそ、婚活では「開始した時点での自己評価」が高すぎても、低すぎても問題は変わらない。重要なのはそれ以降にどうやって自分を婚活市場に合わせ修正していくかだ。

レベルが低すぎる男性に会うと思うなら、自分が思う「ふさわしい相手」を結婚相談所内外で積極的に誘ってみればいい。それで玉砕するなら、徐々に帳尻を合わせるだけだ。

特にデートでエスコートをきちんとされたい女性は「バツイチ可」「子持ち可」にしただけで、場数を踏んだジェントルマンと会いやすくなる。

逆に出会う男性のレベルが高すぎて引け目を感じる女性は、「私はいい女だ」と思ったほうがいい。そして「私なんて」という言葉を封印して、自分の理想の結婚生活をノートへ書き出してみてほしい。そこでおのずと、一緒にいられる相手は絞られるはずだ。

婚活ではこれまでの人生経験が如実に反映され、ショックを受けることもあるだろう。だがそれは、軌道修正のチャンスなのだ。