3月に国際基督教大学を卒業したばかりの福田和子さん。大学在学中にスウェーデンに留学し、そこで日本では教わらなかった「身体を守るための当然の性教育」に直面して衝撃を受け、避妊法や性教育などが「#なんでないの」というプロジェクトを始めている。

緊急避妊薬オンライン処方などの議論が進んでいる昨今、福田さんも同世代の人たちに向けた講演会などに呼ばれることも増えてきた。先日訪れた大学は、男子学生が女子学生より多い学校だった。講演後にアンケートで生の声で福田さんがわかったのは、男性が「わかりたくてもわからない」状況だった。

「避妊のことは、女性議員に」という実情

私はこの1年、日本におけるセクシュアルリプロダクティブヘルスライツ(性と生殖に関する健康と権利)向上のために、様々な活動をしてきた。その中で他団体とともに政治家をはじめとした政策決定者に訴えかけることもしている。性教育はもちろん、それ以外に、特に避妊インプラントや避妊注射、避妊シールといった低用量ピル以外の女性が使える現代的避妊法の認可の必要性も訴えてきた。

そこでよく言われるのが、「女性議員には聞いてみた?」「女性議員に持っていくと良いんじゃない?」といったアドバイスである。そのたび私は、とても複雑な気持ちになる。女性に任せていれば良い話なのだろうか? いや、そんなはずはない。妊娠は女性だけでは成り立たない。しかも日本の女性議員は全体のたった1割で、「女性の問題はとりあえず女性議員で」という姿勢が続く限り、日本の女性の生きづらさはなかなか変わらないことが自ずと暗示されてしまう。

とはいえ、私の講演会などでは参加者の大半が女性だし、それが自然と思ってきた節がある。そんななか、先日はじめて、男子学生が大半を占める都内の某大学のクラスで性教育や避妊についての講演を行ってきた。そこから見えてきたのは、「“女性の問題”は女性へ」で完結してきた長年の蓄積がうんだ弊害の数々だった。

福田さんは大学を卒業して、様々な講演会に声をかけられることがさらに増えたという 写真提供/福田和子 

男性も性の情報がなくて悩んでる?

「産婦人科に行きにくいなんて思ってもみなかったし、想像も難しい」
「避妊法の選択肢やそのための値段に考えが及んだことがなかった」

講演後に寄せられた男性からのコメントを拝見していると、「そもそも女性が抱える問題に気づいていない、考えが及ばない」という現実が往々にしていることに気づいた。私たちにとっては、当たり前に抱えてきた悩みが、性別を超えて全く共有できていなかったことを思い知らされたのだ。

今まで、それら問題意識の共有を前提に話をすすめがちだった私にとってはそれなりの衝撃であり、大きく反省した。でも、よく考えてみれば私も、不妊治療の際、男性が抱きやすい自分の精子の状態を確認することへの恐怖感、うまく射精ができなかった際に起こりうる男性器の痛み等々の感覚はよく分からないし、想像するのも難しい。互いの抱える悩みを素直に言い合う、やっぱりコミュニケーションはやっぱり大切だ。

しかし、男性の反応をみていると、問題は更に根深いところにあった。いくつかアンケートで回答いただいたものから、許諾を受けて代表的な意見をまとめてみた。

・避妊の確実さを考えれば、自分のコンドーム使用に加え、彼女に低用量ピルを服用してほしい。でも服用に関して、副作用も結局よく分からない。彼女に負担をかけることは気が引けて言えない。

・避妊に関して彼女とどう話せばいいのか。そもそも話していいのか分からないし、そういった悩みをどこかに相談できるのかもわからない。

・妊娠を打ち明けられたとき、彼女の心身にどう寄り添えばいいのか、情報がなくてわからず困った。

・結局男は見守るしかできないのか……。

彼らは少なくとも「相手が悩みを抱いていること」には気づいている。その上、それを理解して寄り添いたいという思いまで垣間みられる。しかし、頼れる情報や相談先の不足によって、せっかくの寄り添いたい、理解したい、という思いは成就することなく抱え込まれてしまっているのだ。この状況、とてももったいない。