産婦人科医の遠見才希子さんは、「えんみちゃん」のニックネームで大学生の頃から中学校や高校で性教育の講演を行っている。講演後は、時間の許す限り学校に残り、生徒たちから生の声を聴く。そこで、どれだけ多くの生徒たちが、望んだかたちではないセックスをして悩んでいるかを体感してきた。

厚生労働省の「第9回児童虐待防止対策に関する関係府省庁連絡会議幹事会」(平成30年9月)によると、児童虐待による死亡事例等の検証結果で、0歳児の虐待死の割合は47.5%、中でも0日児の割合は18.6%。加害者の割合は実母が55.6%で、虐待死の背景には、予期しない妊娠・計画していない妊娠、妊婦健康診査未受診などの状況が25%ほどいることがわかった。さらに、実母の年齢でもっとも多いのは、19歳以下で27%にも及ぶ。

また、2017年の厚生労働省の調査によると、全国の人工妊娠中絶の総件数は約16万5000件(そのうち1万4000件が20歳未満の未成年者)で、1日にすると約450件の人工妊娠中絶が行われている

性に関する問題は、「自己責任」とだけにしてはいけない現状がある。今話題の緊急避妊薬をめぐる問題も含めて「えんみちゃん」こと遠見さんの実体験をもとに、どういうことなのかをお伝えしよう。

「2ヵ月前に中絶した」
女子高生のやるせない現実

性教育の講演を始めたばかりの22歳の頃、ある高校でこんな出来事があった。
講演が終わった後、黒髪のおとなしそうな女の子が片づけを手伝ってくれた。

2ヵ月前に中絶したんだ

高校生に直接打ち明けられるのは初めてだった。
二人で教室に残り、たくさん話をした。
彼女の母親は、彼女が幼いころに蒸発していた。数年前から父親と一緒に住みはじめたけれど、会話はない。彼氏は22歳のフリーター。
彼は避妊を全然してくれなくて、つき合って1カ月で妊娠した。

「産んで欲しいけど、まだつき合って日が浅いし、お互いに良く知らないから結婚はできない。『中絶して』って言っても大丈夫な子なら言えるけど、俺からそんなこと言えないじゃん? 自分で決めて」と言われた。

中絶した2週間後に彼氏にセックスを迫られて、「痛い」って言ったけど彼氏はやめなかった。ゴムはつけてるけど、怖かった。

好きだから浮気されたくない。嫌われたくない。だからセックスする。

「どんなに反省しても、ひとつの命を殺しちゃったことには変わりはないんだよね。でも産みたかったな。今って産んでる子多いし。でも子供は親を見て育つから、今産んでも幸せにはなれないから、これでよかったんだよ」 

彼女は言いなれた台詞のように言った。

私は、もう彼女には傷つかないでほしかった。私と同じ20代の男性が、10代の女の子を傷つけるのを、私はほんとうに許せなかった。

でも、私にできることなんてなかった。マスカラが落ちて真っ黒になりながら、いっしょに泣くことだけしかできなかった。彼女の孤独や寂しさを、簡単に、埋めることができてしまうのは、男性だった。

性教育の現場で体感した女の子たちの葛藤

私は大学1年の頃から15年間、全国各地700ヶ所以上の中学校や高校で性教育の講演を行っている。大学6年の頃に、先に紹介した女子高生のエピソードを盛り込んだ書籍『ひとりじゃない 自分の心とからだを大切にするって?』を出版した。

寂しさを埋めるために自分の居場所や存在意義を求め、セックスをする、という若者は想像以上にたくさんいた。そして、中絶に至るには様々な背景や葛藤があることを知った。私は、彼女たちとの出会いを通して、妊娠して中絶するために初めて産婦人科に来る女の子を病院で待つだけではなくて、社会にも出て、性のことを伝える産婦人科医になることを志した。

「悩んでいるけど、誰に言っていいかわからない」。妊娠、DV、性感染症など、時に命に関わり、一人で悩むにはあまりに大きな問題なのに相談することができない。日本では、性の問題がタブー視され、さらに性暴力に対する認識も甘く、「避妊してくれないセックスに応じたのが悪い」「レイプされた側にも落ち度がある」と自己責任論として片付けてしまう風潮はないだろうか。性の問題から目を背け、適切な情報を伝えてこなかった大人たちや社会に問題はなかったと言い切れるだろうか。