ハワイに就航するA380

熱いぞ!ANAとJALの「仁義なきハワイ争奪戦争」が始まる!

中型機主流の中で「最大型機」が投入

ハワイはJALの牙城であり、守るべき聖域

「A380の3機すべてをハワイ路線に導入して、マーケットシェアの面で優位に立つ」
ANAホールディングスの片野坂真哉社長は、今年2月の記者会見でそう宣言した。ハワイを舞台にしたANAとJALの全面戦争が始まった。

5月24日から、傘下の全日本空輸(ANA)が総2階建ての超大型機A380(フライングホヌ)を順次、成田-ホノルル線に就航させた。座席は520席で世界最大の航空機だ。

ハワイ・ホノルル線は、日本航空(JAL)がシェア30%を握る「牙城」。“ハワイといえばJAL”といわれるほどの路線だ。対するANAのシェアは15%である。超大型機を投入して、特に3機体制が整う2020年以降、シェアを確実に奪い取り、“ハワイといえばJAL”のイメージを変えようとしているのだ。

5月24日は、JAL対ANAのシェア争奪戦の火蓋が切って落とされた日として航空関係者の記憶に残る日になるだろう。

いまでもハワイ航路は憧れ  photo by iStock

来るべきこの日に向けて、ANAは周到な準備をしてきた。もともとANAでは、A380が初飛行した2007年から導入を計画していたが、翌2008年に起きたリーマン・ショックでいったん計画は中断していた。

 

現在の航空業界は、格安航空会社の台頭などで、中小型機による多頻度運航が主流になっていて、運行コストが高く、空席が出やすい大型機の出番は、あまりなくなってきている。そこにあえてA380という超大型機を投入するには理由があった。

「ANAは、高需要が見込まれるリゾート路線の強化を図ってきました。ホノルル線はロードファクター(座席利用率)が90%を超えています。大量輸送が見込める路線だったのです。また、A380は燃料の効率性もよかった」(ANA関係者)

ロードファクターが90%を超えているということは、どのホノルル便も実質満席状態といっていい。ホノルル線の需要は間違いなくある。この路線に超大型機を投入しても、旅行客を取り込める可能性はかなり高い。それはリゾート路線の強化にもつながる。超大型機の活用を模索して、たどり着いたのがホノルル路線だったのだ。