Photo by iStock
# 婚活

「平凡な28歳」と「美人の33歳」、結婚できるのはどっち?

「若さ」を失ったあとにできること
近年、上昇し続けている未婚率。「結婚したいのに、どうしてできないの?」と悩んでいる女性も多いだろう。高い成婚率を誇る「婚活分析アドバイザー」で、著書『『普通』の結婚が、なぜできないの?』を出版した三島光世氏は、「女性は若いほど有利」という厳しい現実を突きつける。三島氏いわく、ボーダーラインは「32歳」。では、32歳を越えてしまった女性はどうすればよいか? 秘策を教えてもらった。

ボーダーラインは「32歳」

私の相談所に来られる方は、いままであまり男性とつき合ったことがない人もいます。

Photo by iStock

なかには、ご縁がありすぎて絞りきれなかったという女性もいますが、基本的には「一生懸命に仕事してがんばってきました」か、「なんとなく流されて生きてきました」という女性になります。

どちらの生き方をしてきたとしても、年齢だけはどんどん重ねてきてしまいました。

ここでは、その年齢について考えてみましょう。

「どうせ男性は、若い子が好きなんですよね?」

「30代や40代より、20代が好きなんでしょう?」

そう言われると思いますが、私も「はい」という答えしか持っていません。

これは、たくさんの男性を面談してきた婚活アドバイザーだからこそ知っている男性の“生の声”です。分析するまでもない事実と言えます。

 

婚活アドバイザーは、婚活の面談にお越しになった男性に、必ず「何歳くらいまでの女性をご希望ですか?」と質問します。だいたいが「20代が希望です」とのご返答です。婚活男性は、統計をとるまでもないほど「20代」をご希望されます。

その男性たちが、30代前半や20代ということは、ほとんどありません。ですから、私も「でも、ご自分の年齢もありますよね?」ときり返します。

そうすると、少し考えたあとで「32歳までですね」と返ってきます。そこで、年齢はストップするのが現実です。

よく「いまどき40歳なんて若い!」と言われますし、ひと昔前はメディアやSNSで「美魔女」「オトナ女子」という言葉がおどっていましたが、たいていの男性からすれば、それらは無関心なものだったようです。これが、男性の「普通」なのです。

かつて私も、合コンに参加して感じた覚えがありますが、男性の表情を観察していればわかります。私が「32歳」と言った時点で、あからさまに顔色が変わった方もいました。もうすぐ33歳になるからですね……。