Photo by iStock
# FP # 通信費

つまらない理由で「格安スマホ」を使わずに損する残念な人たち

賢い人はすでに切り替えている
これまで1万5000件以上の相談を受けてきたという「家計再生コンサルタント」、横山光昭氏。『となりの家のざんねんなお金の話』は、私たちが陥りがちな失敗例を挙げつつ、「失敗に学びお金を増やす」方法を教えてくれる一冊だ。家計を圧迫しがちな「通信費」。横山氏は、大手キャリアから「格安スマホ」に乗り換えることを強く勧める。確かに料金は安くなるが、不便はないのだろうか? 実際のところを教えてもらった。

家計を圧迫する「通信費」

ここ数年、家計相談の現場で気づくことがあります。それは、スマートフォンやインターネット回線、固定電話の費用といった「通信費」の家計に占める割合が大きく、家計を圧迫している家庭が多いことです。

Photo by iStock

そうした家庭に限って、家族全員が大手キャリアのスマホを使っており、大損しているケースが少なくありません。

●太田さん(38歳/男性)の場合……

「毎月の家計が赤字になって困っています。何が原因なのでしょうか」

太田さんは、奥さんと中学生の子ども2人の4人家族。毎月の家計が赤字で困っていると、奥さんを連れて家計相談にやって来ました。

さっそく、家計の状況を聞いてみると、スマホやインターネット回線の費用、つまり「通信費」が重くのしかかっていました。

それもそのはず。4人全員が大手キャリアのスマホを使っており、一家の通信費は1ヶ月になんと3万6000円もかかっていたのです。

私はそんな太田さん家族に、格安スマホへの乗り換えを提案しました。

 

しかし、太田さん本人はあまり乗り気でないよう。

どうしてでしょうか? 

1人1台は当たり前、なかには2台持ちする人もいるほど普及したスマホ。昨今は、通信料金や機種代も安い“格安スマホ”も登場していますが、太田さんのように大手キャリアから切り替えられない人が少なくありません。

切り替えない理由としてよく聞くのが、「今は、機種変更する時間がない」というもの。家計相談に来る時間はあるのですから、そんなはずはないのですが……。

このような回答をしがちなのが、スーツをきちんと着て真面目そうで“保守的”なサラリーマンです。そんな人が決まっていうのが、「格安スマホに変えるのはいいと思うのですが……」なのです。