どんなにメイクが上手でも、AIはあなたのすっぴんを知っています

置き換えも「LADN」にお任せあれ
防犯カメラや顔認証カメラなど、AIを用いた顔認識技術はこれまでさまざまな形で発展してきました。そして現在、「メイク」に焦点を当てた画像生成モデル「LADN」が注目を集めています。

最新技術は、メイクアップされた顔の画像をどう料理してくれるのでしょうか──。

(本記事のオリジナルサイトはこちら)

AIによって「化けの皮」が剥がされちゃう!

「LADN」とは、画像生成モデルの一つであるGAN(敵対的生成ネットワーク)をさらに発展させたものです。

LADNを用いることにより、メイクした女性の画像からノーメイクの女性の画像を生成できるようになりました。逆に、ノーメイクの女性の画像にメイクをほどこしてみせることも可能です。

従来の研究結果では、顔全体「だけ」であれば特徴量を抽出することにより、画像生成も識別も可能でした。また、各パーツ「だけ」に絞った詳細な識別もできることが知られています。

しかし、顔全体からメイク部分だけを精密に取り外そうとすると、どうしてもメイクされていた部分が不自然な要素に置き換えられてしまいます。

ですがLADNは、従来の「全体的視点を持つモデル」と「局所的視点を持つモデル」を組み合わせることにより、色鮮やかかつ複雑な形のメイクを不自然な継ぎ目なく取り外す・置き換える画像を生成することを可能にしています。

メイクを見破るLADNの「深層学習」

「LADN」(Local Adversarial Disentangling Network)は、女性の顔の画像からメイク部分だけを別の顔の画像に移し替えたり、メイクを外した顔を生成したりできる画像生成モデルの新提案です。

画像認識技術の中でも、多層化した隠れ層を用いて、正解ラベルを与えられなくても画像を生成できる「教師なし深層学習」に分類されます。