ホリエモン独占告白「僕がロケット開発の先に見る夢」

日本は宇宙産業で一位になれるから
三戸 政和 プロフィール

日本は宇宙産業で一位になれる

堀江:今回は成功したけど、ロケット開発企業として、ウチはまだ仮免許ぐらいのレベル。でもスーパーカブを作る足がかりはできた。これからもいくつかデスバレーを越える必要はあるだろうけど、今回の成功で、確実に手にしたものはたくさんある。

姿勢制御や強度計算、主に民生品の部品を使っての格安生産、ガスジェネレーターガスジェットでのおそらく世界初のロール制御技術の習得(軌道投入機のターボポンプを回すためのガスジェネレーター技術の習得に繋がる)などなど、次の軌道投入機「ZERO」でクリアすべき課題をいくつかこなしたので、一から作るよりはかなり短期間で成功に近づける。

三戸:スーパーカブによる宇宙輸送業が確立されれば、たしかに大きく視野が広がります。大樹町も変わりますね。

 

堀江:大樹町は大きく変貌するだろうね。次のZEROのためには、発射場を拡充しないといけないし、我々も工場を拡充して、人ももっと雇うつもり。我々がどんどんロケットを作って飛ばせば、機械や衛星を作るメーカーなどの関連企業がどんどん集まってくる。町や北海道とも協力して、大樹町を世界的な“宇宙港”として発展させていきたいと思っている。ロケット以外のアイデアもたくさんあるよ。

三戸:大樹町が日本における宇宙ビジネスのシリコンバレーのようになって、生態系を作っていくということですね。

堀江:日本には、宇宙産業で世界一になるポテンシャルがあると思っている。その理由は大きくふたつあって、ひとつ目は地理的な要因。ロケットというのは基本的に東か南に向けて打ち上げるんだけど、東に上げるのは、地球の自転と同じ方向に打ち上げれば加速を得られやすいからで、南に向けて上げるのは、観測衛星に適した縦方向の極軌道に衛星を投入したいから。

だから、東側に海のないヨーロッパは、南米大陸の東側にあるフランス領ギアナの宇宙基地からロケットを上げるしかないし、北朝鮮のロケットは、常に東側の日本列島に向けて飛んでくるわけ。

大樹町の立地を見てみると、東にも南にも開けている。東と南、どちらの方向への打ち上げにも対応できるという絶好の立地になっている。

もうひとつの理由は、日本の産業の立地の良さ。日本は、素材からエレクトロニクス、工作機械などロケットに必要な要素がコンパクトな国内にすべて揃っている上に、技術も高水準で、輸送ネットワークも完璧。

ロケットの部品というのは、ジャイロセンサーとか炭素繊維強化プラスチックとか、軍事転用できるものばかりだから、宇宙ビジネスの最先端を走っているアメリカの会社と取引しようとしても、ITARというアメリカの貿易規制があって、それに引っ掛って、調達はなかなか難しい。でも日本は、ロケットの部品が全部、国内で調達できるから、ウチのロケットは完全にITARフリー。

ということは、アメリカの貿易規制にひっかからないウチは人工衛星打ち上げを受注しやすくなる。国内ですべての部品を調達し、輸送し、ロケットを製造して打ち上げるわけだから、それに関わるお金はすべて国内に落ちる。だから宇宙産業が盛り上がるわけ。こうした潜在力をうまく引き出していけば、日本は宇宙産業でアメリカを凌ぐ世界一になれるはず。