デンタルクリニックは「虫歯ができていないか調べて、虫歯を治すところ」という認識はもはや古い!?  自分の歯と長くつき合っていくために、歯の状況を客観的に見てくれる “歯のかかりつけ医” を見つけることが大事なんです。

教えてくれたのは……
田代歯科医院
田代浩史先生

保存修復治療、特に「コンポジットレジン修復」に特化した、可能な限り歯を温存する治療方針を提案。2003年に田代歯科医院を開設。
●静岡県浜松市中区中央2-10-1
☎053-456-0100
診療時間:7:00~12:00、13:00~16:00
休診日:木・日・祝
https://tashiro-dental.jp/

麻布東京デンタルクリニック
脇 智典先生

アメリカの名門大学で歯科学を学ぶ。インプラント・かみ合わせ治療に特化したクリニックを東京メトロ・広尾駅に開設。
●東京都港区南麻布4-12-25 南麻布セントレ7階
☎03-5422-7518
診療時間:9:00~18:00
休診日:月・日・祝
http://www.azabutokyodc.jp/

ユニゾン・デンタル・オフィス
麻生昌秀先生

虫歯を「歯の病気」と捉え、病気の原因や口の健康から引き起こされる症状を全身からも総合的に診断。2009年にクリニックを開設。
●東京都中野区東中野5-1-1 ユニゾンモール3階
☎03-5389-8686
診療時間:10:00~13:00、14:30~18:30、土曜 不定期診療
休診日:土午後・日・祝
https://www.unison-dental.jp/

大人の歯にまつわる
ショッキングな数字を
知っていますか?

あなたが最後にデンタルクリニックへ行ったのは、いつですか? 実はFRaU世代は、歯科の受診率がもっとも低い世代のひとつ。おおむね中学生頃から受診率が下がり、20~30代前半で最低に。

その後の世代は妊娠時の定期検診で指摘されるようになることで受診率の平均値は上がるのですが、妊娠前のいわゆる “女性の働き盛り” 時代は、歯の健康度合いが最悪に……。そして衝撃的なことに、日本人は平均で40歳代で28本ある永久歯のうち1本を虫歯で失くすというデータもあるのです。

「現状の日本の歯科医療では28本ある永久歯を、80歳で12・2本しか残せません。これは完全に入れ歯が必要なレベル。また、80歳までに20本の歯を残そうという〈8020運動〉もありますが、28本の歯が20本になるということは、これもまた入れ歯が必要なんです。

例えば、40歳代で20本ある手足の指のうち1本が失くなるということはとても大変なこと。それは歯も同じです。歯はそれぞれの歯がそれぞれの役割を果たしており、1本でも失くなることは大変なことなのです(脇 智典先生)」と言うように、口の中の健康はまだまだという人が多い日本。歯を失くすリスクを増やさないためにはどうすればいいのでしょうか?

自分の中の「虫歯の原因」を
取り除こう!

デンタルクリニックに対して、虫歯の治療という対症療法的なものを求めるだけでなく、歯を大切にする方法を学ぶことが大切と先生は話します。

「『歯が痛いから虫歯を取ってもらう』だけでは “治療” であっても、“医療” ではないと思っています。『きちんと歯磨きしていたのに虫歯になった』という患者さんがいれば、それは生活習慣や磨き方に問題があるかもしれないですよね? “その歯が悪くなった原因がどこにあるのか” をレントゲンを撮ったり、顎の筋肉の使い方など総合的に見て突き止めていき、歯ブラシの選び方や磨き方の提案をして、患者さんは自分の歯に何が起こっているかを自覚して変えていくことが大切です」(麻生昌秀先生)

自分の中にある “虫歯の原因” を取り除かなければ健康な歯は遠のくばかり。原因がどこにあるのかは専門家に聞いたほうが確実で、早い! 私たちの知らない、歯科の最新常識を聞いてみました。

インプラントや歯周病の検査、歯軸の検査など、歯の問題をより立体的で高精細なレントゲン写真で捉えることのできる、「歯科用X線CT」。客観的な画像診断で、ていねいな治療方針を決められる!