歯を見せて笑うビッグスマイルってとっても魅力的。日常的に私たちが行っている「笑う」ことや「スマイル(笑顔)」について、知らなかったアレコレをご紹介します。

笑いは体にもいい影響を及ぼします。笑うことで体の中のホルモンや免疫などが活性化し、ストレス解消やダイエットなどさまざまな効果がアップするんです!

教えてくれたのは……
笑医塾 塾長
高柳和江先生

小児外科医、社会医学系専門医。元日本医科大学准教授。現在、葵会理事、笑医塾塾長、癒しの環境研究会理事長で、笑い療法士の育成に力を注ぐ。『笑医力:びっくりするほど健康になる!』(徳間書店)など著書多数。

笑うとインフルエンザにも
かかりにくくなる

「人に親切にしたり、やる気を出して物事を達成するなど主体的な行動をすると、感動の笑いが生まれます。そうすると幸せホルモンのセロトニンや、愛情ホルモンのオキシトシンが分泌され、免疫に影響を及ぼし免疫が高まります」と話す高柳先生。

笑うことで免疫が高まったり、抗ウイルス抗体遺伝子が発現し炎症遺伝子が低くなり病気にもなりにくくなるんだとか。そう、インフルエンザにもかかりにくくなるんです!

NK細胞が活性化して
ホルモンバランスがよくなる

女子的には気になるホルモンバランスも、笑うことで整うのだと高柳先生。

「楽しい情報が入ると、自律神経の調節をする間脳にあるPOMC蛋白が、瞬時に善玉ペプチドに変化。その後、ベータエンドルフィンや、ドーパミンなどの善玉ペプチドが免疫をつかさどるNK細胞に降り注ぎます。その善玉シャワーによりNK細胞が活性化し免疫が高まることで、自律神経も良い方に変化します。そしてホルモンバランスも、いい方にいい方に変わっていきます」

〈実験〉“笑い” とNK細胞の関係は?

10人ずつの2組をそれぞれ高圧酸素室に入れ、片方にだけ笑いのビデオを見せた。見なかった組はNK細胞活性が落ち、見ていた組はNK細胞活性が優位になった。

笑うとセロトニンが出て
心が穏やかに

「セロトニンという神経伝達物質は幸せホルモンです。不足すると落ち込んで、うつ病やパニック障害などの心の状態が悪くなることも。笑うとセロトニン神経が活性化されるので、心が穏やかな状態になります」(高柳先生)

セロトニンは、太陽を浴びたり呼吸や歩行などのリズム運動を行うことでもより放出量が増えるので、少し心が疲れたら、おしゃべりしながらお散歩して大笑いすると、効果があるのかも!

笑いは全身運動になり
痩せやすい!

笑うときって、顔だけが動いている気がするけれど、実は全身運動をしているんです。高柳先生によると、「笑うと顔の表情筋が頻繁に動き、顔面静脈が伸縮し、脳から心臓へ戻る血流が増加します。また、笑っているときは横隔膜を激しく上下させるため、腹筋が大きく動くので全身運動と同じ運動量と言えます」。

笑うときに腹筋を動かすことで血中の糖や中性脂肪が燃焼するんだとか! ダイエットしたい人は、大きく笑うことを意識してみて。

ストレスが溜まったら
とにかく笑うべし!

ストレスが溜まったときに、笑ったらすっきりしたという体験をしたことがある人は多いはず。20分大笑いしたら、2時間身体の痛みが取れるともいいます。それにはちゃんと理由があるんです。

「笑いにより酸素摂取が増えると、ストレスホルモンである副腎皮質ホルモン、コルチゾールの分泌が減るんです。つまり、ストレスが鎮まります。その場合、くすぐったりして起こる単純笑いよりも、ゲームなどをしたときに起こる、楽しくて笑うなど、積極的な笑いの方が効果が大きくなります」(高柳先生)

     
●情報は、FRaU2019年5月号発売時点のものです。
Illustration:Yurikov Kawahiro Text:Izumi Hashimoto