かわいいアライグマの、ちょっと怖い話をしよう

ラスカルはかくして野に放たれた
安田 浩一 プロフィール

究極の解決法

さて、人間になつこうが、愛くるしい動物であろうが、それでも被害や生態系を考えれば、そのままにしておくことは難しい。というよりも現行法ではそれが許されない。

では、捕獲したアライグマの命を無駄にしない方法はないだろうか。

 

ひとつ、方法がある。

お肉としていただく、というのはどうだろう。

愛知県豊田市の郊外にある「山里カフェMui(ムイ)」。古民家を改造したジビエ料理店だ。

店主の清水潤子さんは狩猟免許を持ち、仕留めた動物を上手に活用している。

鹿のソースカツ丼、イノシシのハンバーグ、カラスのアヒージョ。そして清水さんが「もっともおいしい」とすすめるのが、アライグマである。

アライグマのトマトソース煮込み

私が注文したのはアライグマのトマトソース煮込み。いやいや、これがうまいのなんのって。正直、牛肉だと思ったくらいにクセが少ない。ほどほどの脂身が口の中でとろける。

アライグマを食べる安田

「血抜きして、内臓を素早く取り除けば、ぜんぜん臭みがないんです」(清水さん)

清水さんは地域での農業体験をきっかけに害獣被害を知った。そこで狩猟免許を取得し、駆除に関わるようになるが、「命を無駄にはしたくない」と思うようになった。

そこで調理師免許も持っていることから、ジビエ専門店を開業した。

「駆除した動物って、結局は土に埋められるか焼却処分されるかなんですよ。あまりにもったいないと思ったんです」

そして、捕獲した野生動物を片っ端から食べてみた。おお、なかなかいけるじゃないか。カワウとタヌキ以外は、ほとんどが料理に活用することができた。

「食べることで、動物の、いや人間の命の重みも考える。ここに来て、そういうことを思ってもらえてもいいなあと」

アライグマ料理を作る店主の清水さん

清水さんのつくるジビエ料理は評判を呼び、いまでは休日には県外からも多くの客が訊ねるようになった。

私は躊躇なくアライグマを胃の中に入れた。大満足だった。こうして私は生きていく。人間の身勝手も、農業被害も考える。

生物の多様性を守るために、できることは何か。ともに生きる、とはどういうことなのか。胃袋の中からアライグマが訴えるのだ。