かわいいアライグマの、ちょっと怖い話をしよう

ラスカルはかくして野に放たれた
安田 浩一 プロフィール

アライグマなのにイタチごっこ

「それだけ深刻な被害が相次いでいるのです」

険しい表情でそう話すには、環境コンサルタント会社「地域環境計画」(本社・東京)野生生物管理グループの宮畑貴之氏だ。同社は全国の自治体などから野生生物の防除計画を依頼されている。

 

「アライグマは雑食性で、とにかく何でも食べてしまう。ザリガニ、魚などの水中生物から、小動物、そして果物や野菜、畜産飼料や人間の残飯までも餌にします」(宮畑氏)

手先が器用で、ミカンはわざわざ皮をむいて食べるし、スイカも穴をあけて、中身だけをきれいにくりぬいて食べてしまうという。

「ですから農業生産者にとっては死活問題。放置するわけにはいかないのです。だからこそいま、全国の自治体でもアライグマ対策に取り組んでいるのですが、正直、捕獲が増殖に追い付かない部分はありますね」(宮畑氏)

自治体の中には「見逃さない」「増やさない」「負けない」といったアライグマ「3ない運動」にとりくんでいるところもある。

だが、アライグマは頭がいい。箱わな(餌を仕掛けて箱の中に誘い込む方法)の餌だけ奪って逃げる者もいれば、そもそも用心して、わなに近づかない者もいるらしい。アライグマではあるが、人間とのイタチごっこを繰り広げているのだ。

何でも食べるアライグマ(photo by iStock)

あなたの家にも……

そして冒頭でも話したとおり、農村での厄介者は、都市部にもそのテリトリーを広げた。

「この季節(春から初夏にかけて)はアライグマばかりに追われている」
そう話すのは、害獣駆除の専門会社「AAAホームサービス」(本社・東京)環境衛生事業部の丸山潤氏。

「ちょうど、子どもが生まれる時期なので動きも活発になります。鳴き声が目立ったりすることもあり、そこで家の中にアライグマが入り込んでいることを認識される方も多いんですね」(丸山氏)

そう。アライグマと"同居"している家庭は、けっして少なくないのだという。

「アライグマは環境適応性が高く、どこにでも進出するんです。ここ数年、住宅地からの駆除要請も急増しています。最近の住宅はグラスウールの綿を使った断熱材が天井などに張り巡らされています。これがアライグマにとっては最高のお布団なんですよ。ふかふかして、しかも暖かいものだから寝心地がいい。そこを拠点というか"実家"のようにして暮らしているわけです」

実家であるから、飯も食えば糞もする。たまった糞尿は不衛生であるばかりか、ハエやゴキブリ、ダニ、ネズミなど他の生物を引き寄せることにもなる。

当然、子どもも実家で産む。しかも、多産だ。

「一度に5~6匹の子どもを産むのが普通です。しかも産まれてから1年もすれば妊娠が可能。子どもの死亡率も低いので、短期間で急増していくんですね」(丸山氏)

ねずみ算ならぬアライグマ算。驚異の繁殖力だ。気が付いた時にはアライグマの大家族が天井裏で生活していることも多い。

もしかするとあなたの家にも(photo by iStock)