撮影/佐藤圭
# 動物 # 癒し

青葉の頃に南から渡ってくるアオバズク。日本で子育てをします。

北海道から毎日お届け中!

姿が丸見えなので心配したけど

無事に育って巣立ちしました!

青葉の頃にやって来るフクロウの仲間アオバズクです。

北からやってきて日本で越冬するハクチョウやマガンとは逆に、暖かくなると南から飛来して、夏の間、日本で過ごす渡り鳥です。

少数ですが、北海道でも営巣します。

 

森の緑が濃くなる頃に、木の洞の中にアオバズクの小さなヒナを見つけました。

この巣は小さくて浅く、ヒナの姿が丸見えだったので、しばらく通って観察を続けました。

アオバズクは完全に夜行性で、親鳥は日が落ちると活発に狩りをして、頻繁にヒナに餌を運んできます。

獲物は、主に虫です。夏に街灯に群がる虫を狙うこともあります。

狭い巣だったので天敵に襲われないか心配しましたが、親鳥の熱心な子育てにより無事に育ち、巣立ちまで見届けることができました。

今年もまた来てくれるかな~?

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!