認知症の人が「スッと落ち着く」接し方、お教えします

ベテラン相談員の「明るい話術」

認知症の人は「不可解な言動」をすることがあります。悪気はないのですが、現場の介護職がこうした言動で困ってしまうのは事実。そんな問題を言葉ひとつで解決する方法を、長年、介護業界で働いてきたベテランが教えます。

記事中の漫画・イラスト 秋田綾子

解雇されたわけでもないのに「クビにされた」と訴えるのは、なぜ?

年をとれば誰でも忘れっぽくなるもの。これまでできていたことが、できなくなっていきます。探し物が見つからない、頼まれたことを忘れてしまう……、そんな経験、きっと誰にでもあるはずです。自分の衰えを感じて不安になることでしょう。

認知症の人も同じような思いを味わっています。認知症の人は、「記憶障害」といって、

  • 新しいことを覚えにくい
  • 覚えていたことの全部を忘れてしまう

という状態にあるため、より不安になっています。不安をうまく言葉にして伝える力も落ちていることが多いのです。だから、こんなことが起きます。

ある老夫婦がいました。夫は元サラリーマン、妻(68歳)は乾物屋でパートをしていました。やがて妻が釣り銭を間違えたり、シフトを忘れたりするようになります。認知症が始まったのです。

しばらくすると彼女は、店を辞めさせられたわけでもないのに、「クビにされた」と、こぼすようになりました。

ところが、夫が乾物屋の主人に確認すると、「できるだけ長く働いてほしい」と思っているとのこと。

文字どおりに解釈すると、この「クビ」という言葉は確かに意味が通りません。でも、もう少し考えてみましょう。「クビ」というと、誰でも「ある場所から放りだされた」とか、「所属先がなくなった」という場面を思い浮かべるのではないでしょうか。もしかしたらこの女性は、「クビ」という表現で、

「自分は昔のようにはできなくなってきているけど、ここにいられるのだろうか」
「放り出されるのではないか」
「厄介者になってはいないだろうか」

という、不安な気持ちを訴えていたのかもしれません。

【写真】「クビにされた」という言動は不安の現れ?
  「クビにされた」という言動は不安の現れだった? photo by gettyimages

こんなふうに私たちは、認知症の人と接するときにはその言葉を「翻訳」して捉えるよう、少し考えてみる必要があります。そのうえで、ぜひその根本にある「不安」を取り除くような接し方をしましょう。つまり、

「何もできない」「自分は役に立たない」という不安感を取り除いてあげる

こうすれば認知症の人は落ち着き、介護している人も安心できるのです。