photo by gettyimages

「死にたい」とグチる親を慰めてはいけない

本当に必要なのは「共感の言葉」

認知症の人は「抑うつ状態」に陥ることがあります。気分が落ち込み、生きる意欲を失って、いつもブツブツぼやいている……、たとえば自分の老親がそんな状態だったら、誰だって困るでしょう。何とかその暗さを解消してあげたいと考えるのが人情というもの。どう接していけばいいのでしょうか。

記事中の漫画・イラスト 秋田綾子

認知症の人は、とてつもない不安を抱えて生きている

「認知症」の主な症状が「もの忘れ」であることは、みなさんもよくご存じでしょう。しかし、人は認知症になったからといって、いきなり何もかも忘れてしまうわけではありません。もの忘れは徐々に進行し、「できないこと」が増えていきます。すると、勘違いや誤解が多くなり、周囲の人と対立しやすくなります。

このため、とくに認知症の初期段階にある人は、

  • 自分のなかで、何か変化が起こっている
  • 簡単にできたことが、できなくなっている
  • 家族や周囲の人と、何かかみ合わない
  • なぜかわからないが、いつも対立する・怒られる

などと感じて、不安になります。

私たちも不安になることがあります。ところが認知症の人の不安は、どうやらそれとは比べものにならないようです。ある若年性認知症の女性は、私にこう訴えてきたことがありました。

  • 「ねぇ、どうしてこうなるの?」
  • 「私は壊れちゃうの? 怖いよ」
  • 「これからどうなるの?」
【写真】若年性認知症の女性の不安
  ある若年性認知症の女性は不安を訴えた photo by gettyimages

こうした言葉を、胸が張り裂けそうな思いで聞いた記憶があります。認知症の人が抱えているのは、このように深く、強い不安なのです。