# 動物 # 癒し

珍鳥ハクガンの群れに混じって、リーダー気分のコハクチョウです

北海道から毎日お届け中!

「はい、みんな、オレについてきて!」

「あれ? でも、率いるチームを間違えてない?」

北海道空知地方。石狩川流域にあたるこのあたりには、毎年、春と秋に、数万羽のマガン、ヒシクイなどの渡り鳥が集結します。

その中に珍しい鳥が紛れていることがあるのですが、それを探すのがこの季節の楽しみなんです。

 

今年も数万羽のマガンの群れに混じって、6羽のハクガンを見つけました。

ハクガンは、カモの仲間で体の色が白い渡り鳥ですが、日本に渡ってくるのはまれです。

ハクガンはマガンより警戒心が薄いのか、マガンが一斉に飛び立ってもハクガンだけが残っていました。

しばらく観察していると、なんか変です。

数えてみると、一羽増えています???

あれ? みんな白いけど、一羽だけ首が長い!

まさかまさかのコハクチョウが、ハクガンの群れに紛れていました。

コハクチョウは、群れのリーダーにでもなった気分で引率して歩き、ハクガンたちも何故かおとなしくついて歩いていました。

なんとも不思議な微笑ましい光景に、吹き出してしまいました。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!