実は今、スマホを使うときの前傾姿勢などが原因で、きれいに笑えない人が増えているって知っていますか? いわゆる “猫背” の姿勢で過ごすと、顔の筋肉がたるんで衰えてしまうんです。正しい姿勢を心掛け、表情筋を刺激することで、柔軟な筋肉とともに素敵な笑顔を手にいれることができます! 効果絶大と話題のエクササイズを実践して、あなたも笑顔美人に。

 トレーニング前に気をつけること 

【1】ウォーミングアップを行う
【2】正しい姿勢で行う
【3】摩擦を避けるためのクリームや
    化粧水、美容液などを使用
【4】骨についている筋肉(表情筋)を
    とらえて指の腹で触れる
【5】強さは「イタ気持ちいい」程度で行う

食事をしながら
表情筋を鍛えられる!
咀嚼エクササイズ

表情筋と咀嚼筋、抗重力筋に効くエクササイズで、一度の食事で1セットだけ行えばOK! “嚙んで、飲み込む” ことで咀嚼力と嚥下力がつきます。姿勢が悪いと飲み込みにくくなるので、姿勢を正す矯正運動としても効果的。

【1】骨盤を立て負荷をかけて
下半身の筋力もUP

お尻を締めて太ももに負荷をかけながら、姿勢を正して座る。食べ物を口に入れてかかとを上げ、そのまま左側でゆっくり5回嚙む。

【2】 左右で計30回嚙んだら
最後にごくんと飲み込む

かかとを下ろし、口の中の食べ物を右側へ移動させる。【2】と同様にかかとを上げて、右側でゆっくり5回嚙む。これを3セット繰り返す。

乳児がお乳を飲むのと
同じ筋肉を刺激
ペットボトルエクササイズ

歯がない赤ちゃんはお乳を吸うときに唇の下にある筋肉を使います。歯が生えるとその筋肉は使われなくなり、血行不良やむくみなどの原因に。ペットボトルを吸うことで、赤ちゃんと同じように顔の筋肉を使うことができ、すっきり顔になれます。


【1】 背筋を伸ばして座り
ペットボトルに息を吐く

1リットル程度の空のペットボトルを用意する。ペットボトルの口に向かい「ホー」と言いながらゆっくり息を吐ききる。

【2】 頰が上がるようなイメージで
中の空気を思い切り吸う

ペットボトルをくわえ、お尻を締めながら腹筋を使うように意識する。頰が上がるようなイメージで8秒間かけてゆっくりと息を吸い込む。

【3】最後はお尻をゆるめて
息を吐き出して

その後、息をフーッと8秒間かけてペットボトルに吹き込み、吐ききったらペットボトルを口から外す。【1】~【3】を3セット行いましょう。

参考にしたのは…
『宝田流表情筋トレーニング たるみが消える顔筋リフト』
著:宝田恭子
朝晩たった5分のトレーニングで、見た目年齢マイナス10歳も可能な最新の宝田流表情筋トレーニングを掲載。本当にリフトアップしたと大評判! やり方は動画でもチェックできます。¥1200(税別)/講談社

宝田恭子先生
宝田歯科医院の三代目院長。日本アンチエイジング歯科学会監事。従来の歯科医療に加え、口元からトータルな美しさと健康を手に入れる方法を日夜研究中。

 

●情報は、FRaU2019年5月号発売時点のものです。
Illustration:Takashi Taima Text:Izumi Hashimoto