Photo by iStock
# カジノ

カジノの恐怖…「頭のいい人」ほどギャンブル依存症になりやすい

もはや「対岸の火事」ではない
人はなぜ、カジノに狂うのか? その知られざる裏側と、大富豪たちのリアルな生態を明かすのは、マカオの日本人カジノエージェントで、著書『カジノエージェントが見た天国と地獄』がある尾嶋誠史氏だ。「カジノ法案」が可決され、日本にもカジノが誕生することが確実視されている今、考えておかなくてはならないのは「ギャンブル依存症」の問題だ。海外の事情もふくめ、現場を知りつくしている尾嶋氏に解説してもらった。

カジノの「マイナス面」とは

マイナス面として挙げられるのが、マカオのカジノと同様、日本のカジノがマネーロンダリングの場として使用されやすくなってしまうという点。

Photo by iStock

非合法な方法で稼いだ資金や税金申告をしたくない資産なども、カジノに行けば使えるし、クリーンなお金として換金できます。

カジノがそうしたマネーロンダリングの温床となることで、様々な不正なお金が世に露見しづらくなるというデメリットがあります。これらの対策については、日本政府も持ち込み金額を管理をするなり、お金の流れをきちんと明確化するなり、何かしらの措置を取るべきだと僕は思います。

さらに、もうひとつの懸念はギャンブル依存症です。

カジノはショッピングやエンターテインメントスポットも満載の、一大レジャーランドではありますが、もちろんメインはギャンブル。

あくまで金銭のやりとりが発生する以上、なかには破産してしまう人も存在します。僕自身もマカオにいるなか、「この人は今後どうなってしまうのだろう」と思う人々をよく見かけます。

 

たとえば、マカオでギャンブルをする多くの人は香港からマカオにフェリーでやってくるわけですが、マカオで全部すっからかんになってしまい、2000円程度のフェリー代さえもなくしてしまう人もいます。

そこまですっからかんになっても、ギャンブルを止められない理由のひとつは、カジノでやりとりされるのが、現金ではなく「チップ」であることでしょう。

チップでのやりとりは、どこか金銭感覚を麻痺させてしまうため、負けが込んでいても何かゲームの延長線上にいるような気持ちになってしまい、「まぁいいか」「大丈夫だろう」とついヒートアップしてしまいます。

プレイヤーの持ち金がなくなり、ジャンケット側からお金を融資されるときも、目の前に現金を見せられることはありません。

その瞬間、賭け金は、単なる数字にしか感じられなくなるため、プレイヤーも「借りられるならば」とどんどんお金を借りてしまいます。