将来のお金は隔離!「使う」と「貯める」で金融機関を使い分ける

一生「ヲタ活」を楽しむために
劇団雌猫, 篠田 尚子 プロフィール

「将来のお金」は隔離する

劇団雌猫 ふむふむ。「貯める」お金と「増やす」お金、どれくらいの比率で分けるべきですか?

Photo by iStock

篠田先生 銀行預金は、日々の生活費+月収3カ月分。基本的には、近い将来(概ね3年以内)に使い道が決まっているお金を置いておくところと考えてください。

劇団雌猫 まずは、ある程度の貯金を優先。それ以上あれば、ネット証券と連携したネット銀行にうつし、投資にまわす! ということですね。

篠田先生 メインバンクに置いておくとしても、さらにもうひと工夫もできます。普通預金に全額を預けるのではなく、一部を「1カ月満期」のような、期間の短い定期預金に振り分けて、キャッシュカードで簡単に引き出せないよう、隔離しておくんです。

私も、冠婚葬祭の費用など、近い将来使う可能性の高いお金は、この方法で管理しています。

劇団雌猫 簡単に引き出せないように隔離する、大事……! でも、定期預金の金利って、預入期間が長い方が高いって聞いたことがあります。

 

篠田先生 預入期間が短いと利息は小さいですが、ここでは必要になったときに引き出せることを重視しているので、わずかな金利差は気にしません。この際、「元利自動継続」にして預け入れれば、定期預金の満期が来ても自動的に預入期間が更新されるので便利です。

劇団雌猫 ちなみに、いざ必要になったときに引き出すにはどうするんですか?

篠田先生 定期を解約してお金を引き出したい場合は、原則満期日の前日までに「満期自動解約」の変更手続きをとれば、簡単に普通預金に振り替えることができます。

劇団雌猫 いつもの口座にあると、いつのまに使っちゃってることありますもんね。冠婚葬祭や引っ越し資金、この方法で確保するとよさそう。

篠田先生 預入期間は、「1カ月」なら多くの銀行で取扱いがあります。各行の金利には若干の差がありますが、ここでの定期預金の利用目的は、先にも述べた通り貯金箱のように一時的にお金を置いておくため。ですから、目先の金利よりも銀行口座の使い勝手の良さを優先してください。