昔から、なんとなく苦手な歯医者さん。どうやってつき合っていけばいいのか、大人になった今もわからない人が多いのでは? 先進国のなかで、日本は歯科医院の受診率が低い国と言われています。歯医者さんって、実はもっと気軽につき合っていい存在。ずっと健康な歯でいたいなら、今こそ通い方の変えどきです!

教えてくれたのは……
ルネス青山デンタルクリニック
小林 建先生

神奈川歯科大学卒業後、数軒の歯科医院で腕を磨き、2008年に開業。患者とじっくり対話しながら最善の治療法を導き出す姿勢や、ユーモアあふれる人柄に魅かれて海外から通院する人も多い。

「 唾液不足」からの
口腔トラブルが増えています

今、唾液の量が少ない現代人が急増中! 喫煙、飲酒、ストレス、加齢など、原因はさまざま。でも、毎日のマッサージで改善が可能です!

\いま歯医者さんが伝えたいこと!/
唾液不足は虫歯や口臭、
さらには病気の原因にも!

年齢を重ねると、唾液量が徐々に減ってきます。最近は昔と比べて咀嚼しないですむ料理が増えているので、唾液がしっかり分泌されていない人も増加。また、過度のストレスで唾液量が減るとも言われています。自浄作用を担う唾液が少ないと、虫歯や口臭の原因に。シェーグレン症候群や糖尿病などの病気が原因の場合もありますが、それ以外のケースなら唾液を増やすマッサージで改善することも。いつでもどこでもできるので、ぜひ習慣化して。

「簡単にできるマッサージなので、ぜひ習慣化してみてください!」 小林先生

日常生活に
唾液マッサージを取り入れて!

顔にある “唾液腺” を刺激すると、唾液の分泌を促してくれるので、ぜひ日常生活でマッサージを取り入れて。即効性があるうえ、気づいたときに何回でもおこなえるので覚えておいて損はナシ!

“耳下腺” を刺激するマッサージ

耳の前を指の腹でやさしくクルクル
耳の前(上の奥歯あたり)付近にあるのが唾液を出す “耳下腺(じかせん)”。頰に手をそえる感じで、指の腹を耳下腺に当てて。

繰り返しおこなうと唾液がジンワリ
指の腹でやさしく刺激するように、クルクルと回しましょう。しばらくすると、サラサラした唾液が口内に広がっていくはず。


“顎下腺&舌下腺” を刺激するマッサージ

まずは親指を立ててグ~ッ! 
次に使うのは親指2本のみ。手をグーにして両手をくっつけたら、親指だけ顔の前でひょっこりと立てて。

顎の下を親指でじっくりプッシュ
左右の顎の骨の内側にある “顎下腺” に親指を入れ、前に動かしながらプッシュ。さらに、下顎のくぼみ(舌の付け根あたり)の “舌下腺” に親指2本を入れ、上向きに押し上げるイメージでプッシュ。

ルネス青山デンタルクリニック
東京都渋谷区神宮前5-38-4
☎03-6808-1763
診療時間:平日10:00~13:00、14:30~20:00、土~18:00
休診日:木・日・祝


シャツ¥13000/LE GLAZIK パンツ¥14000/HELLY HANSEN(ヘリーハンセン原宿店) 人差し指のリング¥23000、薬指にしたクリスタルのリング¥72000/共にMARIHA(マリハ伊勢丹新宿本店)

●情報は、FRaU2019年5月号発売時点のものです。
Photograph:Keiko Ichihashi Styling:Rina Taruyama Hair&Make-up:Megumi Kato Model:Kanoco Edit&Text:Tokiko Nitta