一直線すぎる……!
老川秀紀先生/おいかわ歯科クリニック院長

仕事にも趣味にも
まっすぐに向き合う情熱の歯科医

「今週は5回手術をしました」と話すのは、インプラント治療の伝道師として活躍する老川先生。治療室は全室個室で、院内技工士が常駐する人気院の代表だ。

プライベートでは車とワインをこよなく愛する三児の父。「仕事帰りの車の中で、夕食に合わせてどのワインを飲もうかと考えるのが楽しみ」といたずらっぽく笑う。

最先端技術を学ぶためNYの学会に参加したり、趣味でも気になるワインを海外から取り寄せるなど、物事を極めようと思ったら一直線。少年のような素顔に魅了される。

私服は、スマートカジュアルが基本
「パンツとジャケットはラコステ。シャツはISAIAというイタリアのブランドです。春らしさを出すため、明るい色を入れてみました」

気分によって乗り分け。通勤は2台の愛車
「高速を走らせるのが最高」というマセラティのギブリ。アルファ ロメオも通勤用の普段使い(!)で、奥様との共有でもあるそう。

ワインへの造詣も深い
自宅には、デイリー用とゲスト用に常時50本ほどをストック。最近は、Opus OneのセカンドワインOvertureがお気に入りだそう。


●情報は、FRaU2019年5月号発売時点のものです。
Photograph:Shun Yokoi(t.h.i.d.a) Text:Misa Kotake