実は今、スマホを使うときの前傾姿勢などが原因で、きれいに笑えない人が増えているって知っていますか? いわゆる “猫背” の姿勢で過ごすと、顔の筋肉がたるんで衰えてしまうんです。正しい姿勢を心掛け、表情筋を刺激することで、柔軟な筋肉とともに素敵な笑顔を手にいれることができます! 効果絶大と話題のエクササイズを実践して、あなたも笑顔美人に。


 トレーニング前に気をつけること 

【1】ウォーミングアップを行う
【2】正しい姿勢で行う
【3】摩擦を避けるためのクリームや

    化粧水、美容液などを使用
【4】骨についている筋肉(表情筋)を
    とらえて指の腹で触れる
【5】強さは「イタ気持ちいい」程度で行う

きれいな笑顔がつくれない!?
たるみの原因、コレNG!

顔のたるみの主な原因は、日常生活での姿勢の崩れ。スマホや食事の仕方、座り姿勢などの生活動作がたるみを促進します。そうすることで、口元の老化が進み、笑顔がつくりづらくなるんです。


自然と猫背になる
“脚組みたるみ”

脚を組むと骨盤と背骨が歪み、体のバランスが崩れて、自然と背中が丸く、猫背になってしまいがちに。この姿勢は顔のたるみのほか、呼吸がしづらくなるなどの影響もあるので注意を。


スマホをのぞきこむ
 “スマホたるみ”

ヒマさえあればスマホをのぞきこんでいるせいで、首が前に出て顔が下に向きっぱなし。本来正しい姿勢のときには起こらない、上下の前歯がくっついた状態になり、口元老化の原因に!


ひじをテーブルにつく
“犬食いたるみ”

テレビやスマホを見ながら、かき込んで食事をしたり、ひじをテーブルについて食事をする人が増加中。こうした姿勢はマナーが悪いうえ、顔のたるみにつながるので要注意!

印象の良いスマイルのつくり方!
上手な笑顔って?

顔全体で笑うと口角は上がるけど目が細くなりがち。顔の下半分の力を抜きつつ、口角だけを上手に上げると印象が良くなります。左右の口角が均等に上がるように、鏡でCHECKを。


毎朝の日課に!
30秒間フルスマイル

【1】歯磨きをしたあと、鏡に向かって真正面に立ち、歯ブラシを水平にもって唇の山の上あたりに合わせる。(直接触れなくてOK)

【2】 口を思い切り左右に開き、歯ブラシのライン上に口角がくるように引き上げながら、フルスマイル。この状態を30秒間キープする。


口角が瞬時にUP 
瞬間美笑顔キープ

写真を撮るときなどに美しい笑顔をキープしたいなら、小声で「カニィーワニィーウニィー」と3回言ってみて。自然に口角が上がります。

参考にしたのは…
『宝田流表情筋トレーニング たるみが消える顔筋リフト』
著:宝田恭子
朝晩たった5分のトレーニングで、見た目年齢マイナス10歳も可能な最新の宝田流表情筋トレーニングを掲載。本当にリフトアップしたと大評判! やり方は動画でもチェックできます。¥1200(税別)/講談社

宝田恭子先生
宝田歯科医院の三代目院長。日本アンチエイジング歯科学会監事。従来の歯科医療に加え、口元からトータルな美しさと健康を手に入れる方法を日夜研究中。

 

●情報は、FRaU2019年5月号発売時点のものです。
Illustration:Takashi Taima Text:Izumi Hashimoto