〔photo〕iStock

「お金を増やすのがうまい人」たちが絶対にしない5つのこと

大勝ちは狙わない
「なるべく短い期間でひと財産築きたい」と誰もが思いますが、その発想は「宝くじを当てたい」というのと同じようなもの。現実に多くの個人投資家が過度なリスクテイクを行い、大勝ちや大負けを繰り返しながら、資産を増やせないでいます。そこから抜け出すためにはなにが必要か――。今回はそうした人たちがハマりがちな「5つの誤解」について紹介したいと思います。
 

投資のスタイル

最近資産形成の相談が多くなっているのですが、開口一番に「今年一番儲かるものは何ですか??」といったご質問をいただくことがあります。以前寄稿した記事のとおり(『普通の人が「億単位」の資産を築いた…! その意外すぎる投資法』)、短期的だろうと長期的だろうと、有望な市場(国)やアセットクラス(株式・債券など)は誰にもわかりません。敢えて申し上げるなら「多くの人が一番有望だと感じている資産が最も期待できず、多くの人が最も買う理由などないと考えている資産こそが最も有望」だと思います。

〔photo〕iStock

資産形成に唯一正しい手段というものはありません。ウォーレン・バフェット氏のように割安株の長期保有で資産を築ける人がいますし、短期のデイトレードが一番リスクは少ないと考え成功している人もいますし、空売りで成功する人もいます。投資は金融商品だけではありません。不動産投資で資産を築く人もいらっしゃいますし、仮想通貨がバブルだったころにうまく売り抜けて一生分の資産を築けた億り人も多くいらっしゃるでしょう。

方法は何でもいいのです。自分がうまくやれるスタイルに早めに巡り合い、実践できるのであれば幸せなことでしょう。しかし、これまでに何千人と個人投資家と接してきて、こうした自分なりのスタイルを確立して資産を築いているという投資家に出会ったことは、ほぼありません。

「自分のスタイルを確立しているのであれば、わざわざアドバイザーに頼る必要はないので、会いに来るわけがないだろう……」というご意見はごもっともですが、残念ながら“ほぼすべての個人投資家は、自分の得意な投資スタイルを確立し資産を築くことは出来ない”という意見については賛成という方が多いのではないでしょうか。