Photo by iStock
# 営業

社会人1年生に伝えたい「合コンは最高の営業トレーニング」

仕事も遊びも本気でやろう
伸びる新入社員、伸びない新入社員はどこが違うのか? 悩める社会人1年生に熱く語りかけるのは、創業わずか6年で50億円を超える売上を誇る「横濱コーポレーション」の代表で、著書『社会人1年目の教科書』もある菅沼勇基氏だ。「合コンは最高の営業のトレーニング」と断言する菅沼氏。その真意とは一体? 若手時代の経験談をまじえて語ってもらった。

合コンは「息抜き」ではない

私は「プライベートでも仕事のことを考えながら過ごしなさい」と言っているわけではありません。プライベートで発揮される能力は仕事にも活かせると言いたいのです。

Photo by iStock

プライベートでモテる人は、多くの場合、いい仕事ができます。だから、率先して異性との飲み会(合コン)もやりなさい、と言いたいところです。なぜなら、合コンは最高の営業のトレーニングになるからです。

たとえば、自分と友人あるいは同僚とで合コンをしようとします。

最初に相手を決める、次に場所を決める、そこに予約を入れる。そして二次会の予約も入れておくという作業が発生します。

相手を選ぶときには、結婚相手を探すのか、まずは恋愛の対象を探すのかによっても違うでしょう。結果が出やすそうな相手を選ぶのか、それともちょっと無理めな路線でもがんばってみるか……など、考えることはいろいろあります。

これらすべてに、営業の要素が詰まっているのです。

たとえば、男性の場合で考えてみましょう。まず、相手に応じて場所を決めなければいけません。「このタイプの女の子なら、こんな料理がいいな」など、いろいろあるでしょう。

「食べ放題や飲み放題をつけるのがいいのか」「座敷のあるような昔の飲み屋みたいなほうが打ち解けやすいかな」と、検討すべきことは山ほどあります。

 

1次会から2次会への動線も、近すぎず、遠すぎず、人が多すぎもせず、殺風景でもない場所を通って行きたいものですよね。

お目当ての子がいれば、LINEのIDなどを交換しやすいように、席はどこに座ったらいいかも考えるでしょう。それをいつ聞けばいいか、タイミングも計らなければなりません。

これらはすべて、お客さんとの交渉事とまったく同じです。遊びながら仕事のトレーニングをしているようなものなのです。

男性と女性が4対4の合コンを毎週セッティングしようとすると、月に一度、順番が回ってくることになります。仕事をしながら月に一度、合コンのすべてをセッティングするのはなかなか大変です。でも、そもそも自分の楽しみのためなのだから、できるはずです。

合コンを週に2回やろうとすると、もっと大変です。1年を52週とすると、金曜・土曜で104日。年末年始など時期的に難しい期間を除いても90日ぐらいあります。

ちなみに私はサラリーマンだった3年間のうちの最初の2年間は、その1年90日のうち、50日ぐらいは合コンに費やしていました。

それくらいこなしていると、トークが洗練されてきます。いつも一緒にやっている合コン仲間とだと、トークでもチームプレーができるようになっていきます。まさに商談です。