〔photo〕gettyimages

フォーエバー21が撤退! 「Xデー」に怯える商業施設関係者たち

外資系チェーンの撤退が止まらない

閉店と売上減少が続く「フォーエバー21」

『「フォーエバー21」が撤退』と聞いて血の気が引いた関係者もおられると思うが、とりあえずは日本市場ではなく中国・台湾市場から撤退したというお知らせだ。3月末で台湾での営業を終了し、4月末で北京や上海、深圳の店も閉め、オンライン店舗も閉鎖したそうだ。

市場規模も成長性も格段に優る中国市場から撤退したのだから、衰退著しい日本市場にしがみつく理由はないと思うのが真っ当で、Xデーはいつかという話になってしまう。

〔photo〕gettyimages

09年4月末に上陸して16年末には20店を展開していたのに、17年10月に上陸一号店の原宿旗艦店を閉めたのを含めて、17年中に5店舗(他にららぽーと東京ベイ、ダイバーシティ東京、イオンモール和歌山/各務原)を閉店しており、15店に減少している。現存する店舗は路面6店(札幌大通り、新宿、渋谷、名古屋栄、福岡天神、大阪道頓堀)、イオンモール3店(京都、広島府中、沖縄ライカム)、フォーラス1店(仙台)、ビブレ1店(三ノ宮)、ららぽーと2店(横浜、新三郷)、コクーンシティ、ルクアイーレだ。

フォーエバー21は非上場で本社決算も日本国内売上も公表していないが、無理やり推計すれば売上のピークは14年1月期の220億円強で、19年1月期は140億円程度まで減少したと見る。

 

損益は知るよしもないが、営業損益はトントンでも閉店損失を差し引けば経常赤字に陥っているのではないか。となれば損失を最少に抑えられる撤退タイミングを探っていると勘繰りたくもなる。