韓国の「親日派清算運動」が永遠に続くと言える理由

ソウル生まれのライターが読み解く

「韓国の反日言動には必ず意図がある」。韓国・ソウル生まれのノンフィクションライターで、この度『韓国・「反日フェイク」の病理学』を上梓した崔碩栄氏はそう主張する。去る3月1日、抗日運動記念日で「親日残滓清算は、あまりにも長く先送りされてきた宿題だ」と発言した文在寅大統領の真意を、崔氏が読み解く――。

「親日残滓」とはいったい何か

<尊敬する国民の皆さん、親日残滓清算は、あまりにも長く先送りされてきた宿題です。誤った過去を省察した時に、我々は共に未来に向かっていくことができるのです。>

これは去る3月1日、文在寅大統領が3.1節の記念辞として述べた内容だ。3.1節は1919年に朝鮮半島全域において起こった抗日運動を記念するもので、8月15日の光復節(終戦記念日)と共に韓国大統領の記念辞から政権の対日観をうかがえる日でもある。

これらの行事における記念辞の内容は、日韓両国関係の「現状」をうかがい知ることのできる一つのバロメータともなっている。両国関係が良好な時には、過去の歴史に触れながらも未来志向的な内容が強調され、両国関係が悪化していた時には執拗に被害、苦痛の歴史を強調する内容が発表されてきた。

【PHOTO】gettyimages

今年の3.1節は、前年末のレーダ照射問題、新日鉄(現・日本製鉄)の戦時動員労働者に対する賠償判決問題などにより、日韓関係が最悪と言われる状況だった。韓国のみならず、日本政府、そして日本のマスコミもこの日の記念辞には注目していただろう。

ここで語られたメッセージが冒頭の「親日残滓清算」である。文在寅大統領は「親日残滓」という言葉を4度も使い、これを清算しなければならないと強調した。文大統領が強調した「親日残滓」とはいったい何を意味するのだろうか?

 

韓国に残る日本由来の制度、文化

韓国においては、既にずいぶん前から「日本残滓を清算しよう」という運動が行われてきた。日本の残滓とは日本統治期(1910-1945)に朝鮮半島に導入された日本式制度、言語、風習、文化のうち、終戦後にも韓国に残り韓国人の生活に大きな影響を与えてきたものをいう。

別の言葉で表現するのであれば(それが肯定的なものであれ、否定的なものであれ)日本統治時代の「遺産」ともいえる。日本残滓清算運動とは、これらを排斥しようという一種の反日民族主義的な性格の運動である。

確かに、日本式文化は終戦以降にも韓国に根深く残り、韓国人の生活のみならず思考にも大きな影響を与えてきた。例えば、行政、教育、経済、軍事、産業などの現場において今なお使用されている用語の大部分は日本から入ってきた用語を韓国語読みにしたものであり、あるいは日本語の発音そのままに使用されているものもある。

例えば、「満タン」や「飯場」、「傷(韓国ではギス)」などは日常生活でも頻繁に使われる言葉である。言葉だけではなく、衣食住においてはもちろん、芸術や娯楽、さらには、職場や学校内での上下関係といった人間関係においてまで、日本文化の影響はもはやどうしようもないほどに大きい。

はっきり言っておくが、これは韓国人が日本風、日本式のものに憧れたり、好んだ結果ではない。朝鮮の近代化と日本の朝鮮統治が同時期に起こったからだ。近代化の産物である法、社会制度、学問、技術、文化が日本を通じて導入されることになったのだ。仮に、朝鮮における近代化という大きな変革の波が米国によって朝鮮半島にもたらされていたのなら、韓国には米国式の制度や言葉、風習などがしっかりと根付いていたことだろう。

終戦後日本人が引き上げ、韓国内で反日感情が一斉に爆発した時期、日本式の制度、文化を利用し、享受することは社会的な非難を受けるようになった。「日本統治時代が懐かしいのか?」といったような感情的な批判がなされ、日本が残した遺産は即ち「罪悪」と見られるようになったのだ。

やがて日本統治時代の遺産は無条件に「清算」の対象になった。それらの中は韓国人の嗜好や好みに合い、多くの国民が自ら好んで行っていたものごとも含まれていた。

私の近著 『韓国「反日フェイク」の病理学』で詳しく述べたが、例えば韓国で「国民的遊び」と言われてきた花札、春ともなれば家族や友達と桜の下に集う花見、飲み屋で多くの大人たちに愛唱されてきた演歌風の歌、日本料理、などである。これらは多くの韓国人が楽しんできた遊びであり、趣味であり、楽しみそのものであったのにも関わらず、それらを楽しむことが社会的批判の対象となった。

その批判のために使われるようになったレッテルこそが「親日派」という言葉だ。日本の文化を楽しむことは親日派たちがやることであり、親日派は批判を受けて当然である、というのが当時の雰囲気であった。