Photo by iStock

満員電車の匂いがつらい…そんな「繊細さん」が快適に暮らせる具体策

「キライ」という感覚を大切にしよう

ひといちばい感じる力が強く、多くの情報を受け取る「繊細さん」。

その特徴とチェックポイントをお伝えした前回につづいて、今回からは繊細さんに多い悩みへの具体的な対処方法をご紹介します。

 

「モノ」の力を借りてみる

繊細さんは、人の感情や小さな音、わずかな光まで、さまざまな情報を感じ取るため、その分だけ疲れやすくなっています。

「満員電車に乗るとぐったりしてしまい、始業前から疲れている」といったことも。そんな方も、小さな工夫を徹底することでダメージを減らすことができます。コツは、

1.感じないようにと心を閉ざすのではなく、まずは「物」に守ってもらう

2.五感のうち、特に鋭い感覚から重点的に対処する

です。順に見てゆきましょう。

©️福田玲子

〈視覚〉

目から情報を取り入れやすい人、自分に関係ないものまで見えすぎている人は、見えるものを必要最低限に抑えるのが対策の基本です。具体的には、

・眼鏡やコンタクトレンズの度を落とす

・サングラスをする

・伊達メガネをかける

・縁の太い眼鏡をつけて「ここだけ見ていればいい」と、見る範囲を決める

などがあります。

〈聴覚〉

・ノイズキャンセリングイヤホンをする

・耳栓をする

・イヤホンで心地よい音楽を聞く

出かける時にはカバンに耳栓を入れておき、こまめに気になる音を防ぐだけでも、ずいぶんストレスを減らせます。