食のスペシャリスト&グルメに精通する識者で構成される「FRaU Foodies」が、今イチオシの料理やスイーツなどをお届けします。俳優の速水もこみちさんが今回オススメするのは、マカロン。休日に自分で食べるために、日頃のお礼で差し上げるときに、さまざまなシーンで購入しています。

今も進化を続ける
世界に轟くマカロン

「休日にシャンパンを飲みながら食べるのが至福のときです」

なんとも優雅な速水さんの休日のお供とは一体?

「マカロンです。好きなんですよ。ただ甘いだけじゃなくて、酸味があるのがいい。イチゴのような甘味のあるものを入れて、酸味を引き立てたりして、パティシエの腕が見えますよね。酸味がなく甘い味のものも好きです」

都内にある4店舗のうちの1軒「東京ミッドタウン店」。

さまざまなお店でマカロンを買って食べてきた速水さんのイチオシは「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」のもの。言わずとしれた、世界でもっとも注目される日本人パティシエの一人、青木定治氏のお店。パリで5店舗、日本で5店舗展開しています。

マカロン 各1個 ¥315(税込み)。

マカロンは、「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」の看板商品。青木氏がパリ中のマカロンを3年かけて食べ歩き、“美味しいマカロンとは何か? 世界一の美味しさとは何か?”を研究。独自で考案した配合比と製法で作られています。ときにはその製法をも変更。今も進化し続けています。

生地に使われているアーモンドとクリームが絶妙のバランスで、ポイントは3つのテクスチャー(質感)。カリッとした生地の表面、生地の中のしっとりさ、そしてクリーム。これらを実感するには、食べる30分前に冷蔵庫から取り出すこと。本場・パリでも愛されている味を堪能できます。

マカロン。 左からフレーズ、シトロン、フランボワーズ 各1個 ¥315(税込み)。

マカロンは全部で12種類。速水さんにお気に入りは? と聞くと「シトロン、フランボワーズ、カシス、ショコラ、ピスターシュ、フレーズ、セザム、アールグレイ」と、そのほとんどが挙がってきました。それほど、「アオキ」のマカロンが大好きな速水さん。中でも、冒頭でもおっしゃっていたように、酸味のあるものがお好みの様子。

例えば、木イチゴの甘酸っぱさが口中で広がる「フランボワーズ」。イチゴの甘味と芳醇な香りがたまらない「フレーズ」。ベリー系以外では爽やかな風味で酸味がきいた「シトロン」が代表的なところでは。

マカロン【12個入り】 ¥4200(税込み)。

速水さんは自分で食べる以外だと、プレゼントで買うことが多いと言います。

「ちょっとした差し入れや、ドラマがクランクアップしたとき、スタッフさんに『お疲れ様でした』のお礼を込めて渡します。そういうときは3個を詰めてもらってプチギフトにします。フレーバーは、それぞれの好みもあるのでバランスよく選んでますよ」

マカロンといえば、色鮮やかなビジュアルも魅力のひとつ。前回ご紹介いただいたコールドプレスジュースもそうですが、色鮮やかなものが好きな速水さんらしいセレクトになりました。好きな味で選ぶのもいいけど、気分に合わせて色で選んでみても楽しそうです。

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 東京ミッドタウン店
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア B1
☎03-5413-7112
営業時間:11:00〜21:00(サロンは〜20:45、20:15LO)
定休日:不定

PROFILE

速水もこみち Mocomichi Hayami
1984年8月10日生まれ。ドラマ、映画を中心に活動する俳優。現在、毎週木曜21時〜放映中の「緊急取調室」第3シーズン(テレビ朝日系)に出演。特技の料理を活かした活動も行い、著書も多数。自身がプロデュースしたキッチングッズ「MOCOMICHI HAYAMI」も好評発売中! 今後も新シリーズの発売を控えている。詳しくは、http://mocomichihayami.jp/をチェック!

     
Illustration:YUGO. Composition:Seiki Ebisu