「連ドラ主演の平均年齢」、いつの間にかこんなに上がっていた

若者のテレビ離れも当然?
高堀 冬彦 プロフィール

平均で7歳年齢が上がっている…

2000年4月期の民放の連ドラ(プライムタイム)と現在を比べてみよう。まず、19年前の連ドラの主演者は何歳だったのか?(W主演の場合、2人とも記した。)

●日本テレビ
「永遠の仔」中谷美紀(43)当時24歳、渡部篤郎(50)同30歳。
「天使が消えた街」堂本光一(40)当時21歳。
「伝説の教師」松本人志(55)当時36歳。
=主演者の当時の平均年齢27・8(小数点2位以下は四捨五入、以下同)=
●テレビ朝日
「アナザヘブンeclipse」大沢たかお(51)当時32歳、本上まなみ(44)同24歳。
「別れる2人の事件簿」片平なぎさ(59)当時40歳。
=主演者の当時の平均年齢32歳=
●TBS
「君が教えてくれたこと」ともさかりえ(39)当時20歳、上川隆也(53)同33歳
「池袋ウエストゲートパーク」長瀬智也(40)当時21歳
「QUIZ」財前直見(53)当時34歳、内藤剛志(63)同44歳
=主演者の当時の平均年齢30・4歳=
●テレビ東京
「それぞれの断崖」三浦友和(67)当時48歳
=主演者の当時の平均年齢48歳=
●フジテレビ
「天気予報の恋人」佐藤浩市(58)当時39歳、稲森いずみ(47)同28歳
「ナースのお仕事3」観月ありさ(42)当時23歳
「ショカツ」松岡昌宏(42)当時23歳、田中美佐子(59) 同40歳
「太陽は沈まない」滝沢秀明(37)当時19歳
=主演者の当時の平均年齢28・7歳=
 

2000年4月期の場合、全連ドラの主演者の平均年齢は、33・4歳だった。では、この4月期の連ドラはどうか?

●日本テレビ
「白衣の戦士!」中条あやみ(22)、水川あさみ(35)
「俺のスカート、どこ行った?」古田新太(53)
「あなたの番です」原田知世(51)、田中圭(34)
=主演者の平均年齢39歳=
●テレビ朝日
「特捜9 season2」井ノ原快彦(42)
「科捜研の女 season19」沢口靖子(53)
「緊急取調室 第3シーズン」天海祐希(51)
=主演者の平均年齢48・7歳=
●TBS
「わたし、定時で帰ります」吉高由里子(30)
「インハンド」山下智久(34)
「集団左遷!!」福山雅治(50)
=主演者の平均年齢38歳=
●テレビ東京
「スパイラル〜町工場の奇跡〜」玉木宏(39)
「執事 西園寺の名推理2」上川隆也(53)
=主演者の平均年齢46歳=
●フジテレビ
「ラジエーションハウス」窪田正孝(30)
「パーフェクトワールド」松坂桃李(30)
「ストロベリーナイト・サーガ」二階堂ふみ(24)、亀梨和也(33)
=主演者の平均年齢29・3歳=

この4月期の全連ドラの主演者の平均年齢は40・2歳。2000年からの19年間で、約7歳も上昇した。社会の高齢化よりも主演者の年齢上昇のスピードのほうが早いのである。

主演者が40代、50代というだけで、10代、20代からソッポを向かれるということはないだろうが、40代、50代が主演する場合、方向性や脚本を相当しっかりさせないと、若者を引き付けるのは難しいはずだ。なにしろ、自分の両親や祖父母と同年代。その世界に10代は容易には入り込めないはずなのだから。