# 日本経済

令和の日本経済を復活させるために必要な「10の経済政策」

財政と家計の破綻を避けるためにも…

立ち行かなくなる可能性も…

早いもので時代が令和に変わり、今日で1週間になる。振り返れば、平成は平和で穏やかだったものの、経済的には停滞と後退が続く時代だった。

GDPは中国に抜かれて世界3位に後退、潜在成長力はマイナスに陥った。2017年のドルベースGDPは4兆8732億ドルと2010年の0.9倍に縮小し、平成末の日経平均株価は昭和末の6割にも満たない水準にとどまった。

賃金が伸びず、消費が盛り上がらなかったことも周知の事実である。国家財政も悪化の一途を辿っている。このままでは、高齢化と人口減少に伴う社会保障費負担の増大に押しつぶされて、令和の家計が立ち行かなくなっても何の不思議もない。

活力を取り戻すには、成長力の回復が不可欠だ。それにより、膨張を続ける社会保障費を賄ったうえで、活発な消費が起きる安定成長社会を築く必要がある。

今日は、その活力回復に必要な10のカギについて考えてみたい。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら