『岡田健史ファースト写真集「鼓動」throbs』より

初公開!『中学聖日記』で大ブレイク岡田健史の「素朴なのに艶やかな姿」

2019年注目度No.1の本気俳優

2018年話題になったドラマのひとつが『中学聖日記』。女性教師・末永聖と、本作でデビューした岡田健史演じる生徒・黒岩晶との恋愛ドラマで、華やかな出だしではなかったが、最終回は初回から2.3%も視聴率を上げた。岡田さんは新人ながらオーディションで晶役に抜擢される異例のデビューを果たして本作で人気爆発、「平成最後の大ブレイク」と言われた。

その岡田さんが初めて刊行する写真集『鼓動 throbs』より、すでに公開されている写真に加え、未公開写真を公開する。

Twitterでは黒岩晶ロスが続出

その人気の大きな要因は、端正な顔立ちや身長180㎝の容姿に加え、10代の純粋さ、清々しさ、真摯さ、そこにドキッとさせる艶やかさが共存していることだ。

彼の魅力の背景にあるものは、本気で続けてきた野球だろう。8歳のころから始めた野球で野球選手を目指し、小中ではクラブチームに所属、高校は強豪校で寮生活、キャッチャーを3年間つとめ、副主将としても組織を支えている。高校時代は朝5時に起床し朝練ののちに学校→21時まで練習→自主練→就寝というストイックな生活をしていたという。

 

中学1年生で現在の事務所にスカウトされるも、「野球をやりたいから」と断り続けていた岡田さんだが、高校野球引退後に助っ人として演劇部の演劇に出演したことが人生の転機となった。彼が特攻隊員の役を演じた作品が県大会にて優勝。そこで「演じる魅力」に目覚めたのだ。

それがわずか1年半前のこと。あれよあれよという間にドラマデビューするや、Twitter上でも「黒岩晶bot」が投稿され続け、録画を消せないという黒岩ロスのファンが多くいるほどになったのだ。ドラマのあとに開設したインスタグラムも瞬時に70万人以上のフォロワーがついている。

『岡田健史ファースト写真集「鼓動」thbros』より
NEXT≫鍛え上げた肉体美も