〔PHOTO〕gettyimages

昭和の日に考えたい、昭和天皇「元旦詔書」が投げかける重要な問い

令和の課題、となるかもしれない

4月29日は、昭和天皇の誕生日である。「みどりの日」を経て、今日では「昭和の日」となっている。

昭和天皇の言葉で、いまもっとも振り返るべきは、間違いなく1946年元旦の詔書、いわゆる「人間宣言」だろう。それは平成、そして令和を読み解く鍵としてなお重要な位置を占めている。代替わりを前に、これを振り返るにしくはない。

 

「人間宣言」は人間宣言にあらず

そもそも「人間宣言」は、人間宣言ではない。これは通称であって詔書の正式な題ではないし、本文にも「人間」という言葉は使われていない。

そのため、この詔書は「新日本建設に関する詔書」と呼ばれることが多い。やや長いので、以下では「人間宣言」を「元旦詔書」と呼ぶこととしたい。

では、「元旦詔書」のなかで「人間宣言」にあたるといわれる箇所を引用しよう。

 然れども朕は爾等国民と共に在り、常に利害を同じうし休戚を分たんと欲す。朕と爾等国民との間の紐帯は、終始相互の信頼と敬愛とに依りて結ばれ、単なる神話と伝説とに依りて生ぜるものに非ず。天皇を以て現御神とし、且日本国民を以て他の民族に優越せる民族にして、延て世界を支配すべき運命を有すとの架空なる観念に基くものにも非ず(カタカナをひらがなに直した)。

ここでは、(1)「天皇は現人神である」という考えが架空であること、そして(2)天皇と国民との間の結びつきは、このような架空の考えにもとづくものではない、ということなどが述べられている。

現人神(=現世に現れた神、現御神)でないのならば、われわれと同じ人間ではないのか。つまり「元旦詔書」はやはり人間宣言ではないか。そう思うかもしれない。だが、実際はそう単純ではない。

〔PHOTO〕gettyimages

苦渋の末に

このことを理解するためには、「元旦詔書」の成立事情を振り返る必要がある。

「元旦詔書」は、もともとGHQの主導で起草された。その草案では、マッカーサーの意向を受けて、「天皇は神の子孫(神の裔)ではない」という趣旨の記述があった。

ところが、天皇やその側近の抵抗で、最終的にその部分が「天皇は現人神ではない」と書き改められた。侍従次長を務めた木下道雄の『側近日誌』にそのことが記されている。

 日本人が神の裔なることを架空と云うは未だ許すべきも、Emperorを神の裔とすることを架空とすることは断じて許し難い。そこで予はむしろ進んで天皇を現御神とする事を架空なる事に改めようと思った。陛下も此の点は御賛成である。神の裔にあらずと云う事には御反対である(1945年12月29日)。

この書き換えはもっともだった。

というのも、天皇が「神の子孫」(つまり、天照大神の子孫)でなく、ただの人間なのだとなれば、「なぜただの人間が天皇をやっているのか」ということになり、ひいては天皇という存在の否定につながりかねないからだ。