Twitter界のあるエリアの片隅で、「メシア」とも呼ばれ君臨している”負ける技術”の天才、カレー沢薫さん。最新刊『非リア王』はキレのあるリア充&非リア充論であふれている。

自らコミュ障、非リア充を明言しており、押しも押されもせぬ「非リア充の王」のはずなのだが、なんとカレー沢さんは「小学生時代活発でおしゃべりだった」と母親が証言しているという。GWの家族に衝撃を与えるようなコミュ障論を、『非リア王』よりネット初公開にてお届けする。

活発でおしゃべりな子どもだった

今回は「非リア充は一体いつから非リア充なのか」という、今まで誰も興味を示さなかった問題に果敢に挑んでいきたいと思う。

非リア充とは生まれながらの「コミュ障」で、初めて喋った言葉は「ママ」だが、それを壁に向かって言っていた等、物心つく前から何かしら片鱗があったと思われるかもしれない。

しかし、私などは未だに親から「小学生ぐらいまで、活発でおしゃべりな子だったのに」と言われるのだ。

この言葉には「どうしてこうなった」という親の思いがありありと滲にじんでおり、私自身も、小学生時代の性格のままだったら、リア充だったかもしれず、かの偉人のように、隣を歩いていた友人が雷に打たれて死ぬなど、何かしらの転機があり、非リア充になってしまったのだと思っていた。

しかし、いくら考えても、そのような無駄死にをした友人はいないし、これが転機だった、という記憶もない。つまりやはり私は生まれながらの非リア充だったのである。

そこから導き出される答えは、私の両親は私が中学生になるまで、違法なお葉っぱ様で活発な私の幻覚を見ていた、もしくは私が小学生までお葉っぱ様で元気だった、ということである。

この「お葉っぱ様説」が最有力であるが、警察が来たときのために、一応他の仮説も立てておきたい。

嘆く必要はないのだ

確かに私は、小学生ぐらいまで、割とうるさい方の子どもだったような気がする。しかし友達が多かったかというと、やっぱり少なかった。

つまり私は「壁に向かって活発でおしゃべり」だったのである。友人とワイワイやっていたわけではなく、一人で元気に飛び回り、でかい声で独り言を言っていたのである。
それではただの親に心配される物件ではないかと思うかもしれないが、肉親や心を許した相手に対しては饒舌だが、そうでない相手の前では地蔵、というのは、典型的初期コミュ障である。よって親の前では本当に「活発でおしゃべりな子」だったのである。

それが中学生ぐらいになると、親と仲良くするなんてダセえ、みたいな中二心に目覚め、話し相手が専ら壁になる、よって親からすると「中学頃から急激に大人しくなった上、何かおかしくなった」ように見えたのだ。

よって、「自分の子どもは元気」と思っている親御さんは、子どもが何に対して元気か見極めた方が良い。うちの子は、自分たちの前だけでなく、友達とかの前でもおしゃべりだ、という場合でも注意が必要だ。例えば、友人数人の前で、その中の誰に向かって言っているわけでもない発言ならいくらでも出来るが、一対一になるとてんで会話が出来てないというタイプなら、相当非リア充の素質がある。誰に向かって言っているわけでもないというのは、壁や虚空に話しかけているのと同じで、コミュニケーションが出来ているとは言えないのだ。

そして加齢と共に親とは話さなくなり、心を許せる相手も減り、専ら話し相手は壁になり、そして壁はインターネットになるのである。

こう考えると私は、幼稚園から大学までエスカレーター式、ぐらいの非リア充であり「昔はこうだったのに」と嘆く必要など全くなかったわけである。