photo by iStock
# 保険 # 定年 # 医療

「保険会社の社員」が選んだ、チョー意外な「定年後の保険」

「不安」より「経済合理性」で考えると

ある日の「定年後の保険の入り方」相談

過日、ある保険会社の方(以下、Aさんとします)から「定年退職の時期が近くなってきたので、今後の保険の入り方について相談したい」という依頼がありました。

結論から書くと、お会いして間もなく、私はほとんど助言の必要を感じなくなりました。というのは、Aさんが語る保険との距離感の持ち方が、どれも深く納得できることばかりだったからです。

 

以下、Aさんの言葉を要約してご紹介します。

photo by iStock

保険会社の社員は何を語ったか?

私見ですが、保険は「自分一人では背負いきれないリスク」に備えるために利用するものだと考えています。一般的には、

①子供が成人するまで、世帯主の急死に備える。その際、保険料が安い「団体定期保険」や「都道府県民共済」などから検討する

②住宅ローンを組むときには「団体信用保険」に入る。万が一の場合、遺族は住居費を賄う必要がなくなるので、すでに入っている死亡保険がある場合、保険金額から相当額を減額する

③病気やケガで長期間、会社を休職するようなリスクを重視するなら、「長期所得補償保険」や「就業不能保険」に加入する

保険会社に勤務してきた私自身は、会社の団体定期保険で子供が成人するまで最大4000万円の保障を確保していましたが、今は子供も自立しているので、300万円まで減額しています。

長期所得補償保険は、健康保険の「傷病手当金」で1年半の休業補償はあることから、未加入のまま今日に至っています。

「がん保険」「医療保険」は加入していません。ご存知の通り、健康保険の高額療養費制度で医療費の負担には上限があります。限度額までのお金は、自己負担するほうが合理的だと考えています。「介護保険」も、公的な保険での備えが基本だと認識しており未加入です。

また、保険での貯蓄は考えなくていいと思っています。「自分1人では背負うことができない額」のお金をすぐに貯蓄できるわけがない(笑)。だから保険に入るのです。ただ、貯蓄商品に加入すると会社から補助金が出た時代があり、その期間だけは貯蓄商品を利用していました。

これからは、葬式代くらいのお金もあるので、死亡保障も不要かと考えています。