元横綱・貴乃花、7月の参院選出馬説が「急速に再浮上」した理由

このまま寄り切られるのか…
時任 兼作 プロフィール

花田氏と親交のある人物が語る。

「現在、馳議員が窓口になって、水面下で出馬表明のタイミングなどを調整中だと聞いている。安倍首相も非常に乗り気で、連休明けには正式に出馬要請する予定になっているという。一方、(花田氏の元妻の)河野景子さんは、今回の参院選で非自民から立候する可能性が高いと言われている。離婚の背景には、そういった政治姿勢の違いもあったようだ」

 

「有名タニマチ」が手を挙げた

景子さんについては、かねて政界入りの噂が出ている。数年前にも出馬の打診があったとされるが、となると今回、両者揃って出馬となるのか。

「景子さんはさておき、花田氏は出馬するのではないか」

と話すのは、さる政府筋だ。

「その証拠に、新たな大物後援者の名前も上がってきている。政治にはやはりカネがかかるため、それを見越して冠婚葬祭事業を手掛けるある会社が手を上げたそうだが、ここは芸能人のタニマチとしても有名なところ。花田氏は、この会社が応援する芸能人と一緒に、別の後援者である龍神総宮社で開かれたイベントにも参加しているので、縁があったのだろう」

さらに、花田氏のマネジメントを引き受ける芸能プロダクションの関係者は、こんな裏事情を明かした。

「実は花田氏は、あれこれ来ているCMのオファーを軒並み断っているのです。結構な金額提示があるにもかかわらず、なぜなのかと疑問に思っていましたが、どうやら引き受けてしまうと、スポンサーに迷惑をかけかねないようなのです。もし選挙に出た場合、CMは選挙運動に当たるとの観点から、中止せざるを得なくなりますから」

前出の政府筋は、参院議員や東京都知事を務めた故・青島幸男氏の事例を引きつつ、出馬を強調した。

「別に選挙期間だからといって、日本国内にとどまって選挙運動をする必要はない。事実、青島さんは参院選の選挙期間中、いつも選挙公報作成と政見放送録画以外の選挙運動を一切せずに当選し続けた。花田氏もこの方式で行くのではないか」