初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よく回りたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回、沖縄県を案内していただいたのは、フードコーディネーター&カフェ「波羅蜜(パラミツ)」店主・根本きこさん。

沖縄本島の北部は、山や森林など自然がたくさんあり、ローカルには「やんばる(山原)」と呼ばれて親しまれています。滋味深くて生命力溢れる食材が豊富なやんばるで、根本きこさんが通う「“おいしい”に出会える店」を紹介します。

那覇空港からのアクセス
今帰仁村まで約87㎞。(今帰仁村役場まで)高速道路を使用して約1時間40分。
名護市まで約76㎞。(名護バスターミナルまで)高速道路を使用して約1時間20分。
大宜味村まで約90㎞。(大宜味村役場まで)高速道路を使用して約2時間。

ミシュラン掲載ラーメン店
代表の宮崎千尋さんが
麺&スープをプロデュース

島豆腐と、おそば。真打田仲そば

元味のソーキそばと島豆めしセット¥950。

カツオ、豚、鶏からそれぞれ丁寧に出汁をとって合わせた2種類のスープと熟成生麺が人気の沖縄そば店。元味と呼ばれる伝統的なスープの他、白湯スープで仕上げる真味を打ち出し、進化系として呼び声が高い。

島豆めしは単品¥450。

さんぴん茶で炊いたご飯に島豆腐が載った「島豆めし」も必食。最後はそばのスープをかけ、お茶漬けのようにしていただくのが粋! 

カフェのような店内。宮城陶器のやちむんで提供されるのもうれしい。

島豆腐と、おそば。真打田仲そば
沖縄県名護市東江3-20-28
☎090-1179-0826
営業時間:11:00~17:00 ※スープが無くなり次第終了
定休日:火・第1・3水

ローカルに絶大な人気を誇る
町の愛されパン屋さん

むぎ畑

パンは30種類ほどあり、そのほとんどが¥100~150。圧倒的にリーズナブルで良心的な店。

ひとり入ればいっぱいになりそうな、こぢんまりとした店は、焼き立てパンの香りがふわっと立ち込める幸せな空間。小学生からおじいちゃん、おばあちゃんまで、老若男女が通っている。

調理パンは「これでもか!」というほど具だくさん。

キーパーソンの根本きこさんもそのひとりで、お気に入りはチョコピーナッツコッペパン¥130。もちもち食感が人気の湯種食パン1斤¥240は主食パンにぴったり!

むぎ畑
沖縄県国頭郡今帰仁村字仲宗根173
☎0980-56-5887
営業時間:8:00~19:00 ※パンが売り切れ次第終了
定休日:日・第2・4木

沖縄県産のそば粉を使用した
十割そばの名店

美ゅうびゅう

ざるそば十割¥900。国産調味料を厳選して配合し、2週間以上寝かせて丁寧に仕上げたそばつゆでいただく。

沖縄県大宜味村産のそば粉を100%使用した十割そばが食べられる、沖縄では珍しい店。沖縄で「そば」といえば「沖縄そば」だが、日本そばだって負けてはいない。

店主はラーメン店や沖縄そば店でも修業。温かい濃厚とんこつスープでそばを食べる、つけそば¥950などの斬新なメニューも美味。

温暖な気候だからこそ栽培できる高品質で貴重なそば粉を、地産地消で提供する。春先に新そばが食べられるのも沖縄ならでは。

シークヮーサージュース¥250。果汁50%! 完熟だから甘い!!

ジュースに使用するシークヮーサーも自らの畑で育てている。

美ゅうびゅう
沖縄県国頭郡大宜味村字根路銘1373¬ 道の駅おおぎみ 2F
☎0980-44-3883
営業時間:11:00~17:00(LO15:00、日・祝16:00)
定休日:不定
※移転の予定あり。詳細はHPにて
http://www.beau-view.com/

PROFILE

根本きこ Kiko Nemoto
フードコーディネーター、波羅蜜(パラミツ)店主。約8年前に神奈川の葉山からやんばるに移住。

●情報は、2019年4月現在のものです。
※本記事内の価格は、すべて税込み価格です。
Photo:Aiko Shibata Text:Lisa Nagamine Illustration:Goro Nagashima