皇室に入る前から結ばれていた、美智子さまと雅子さまの「もう一つの絆」

雙葉学園は、なぜ皇室と縁が深いのか
渡邉 みどり プロフィール

 二人の「教え子」がお妃になるという「偶然」

雙葉学園はカトリック系のサン・モール修道会のミッションスクールで、現在では「幼きイエスの会」の系列に入っている。東京・四谷にある雙葉学園が本家にあたり、田園調布雙葉、横浜雙葉、静岡雙葉、福岡雙葉も系列校である。

「徳においては純真に、義務においては堅実に」の校訓が、全国の雙葉系列校共通のものとなっている。

かつて、雙葉学園のシスターは、今より厳格で、服装も顔意外どこも出ていないカトリックの典型的な修道女スタイルだった。

学校の勉強を指導するシスターをマザーと呼び、給食を作るシスターをスールと呼ぶなど、フランスのパリに修道会の本部がある学校ならではの西欧の修道院教育の影響が色濃く出ているのが特徴だった。

 

当然、英語のほかに正課としてフランス語の授業もあり、課外授業のフランス語は、日本語をまったく話さないフランス人教師が時間をかけて、

「砂に水がしみこむように自然に」

教える教育だったという。
 
生活指導もきめ細かく、「寄り道禁止」「髪の毛は肩についたら三つ編みにする」「お言葉遣いを丁寧に」などと注意された。

たとえば、縄跳びをしているときでも、「入れて」ではなく、「お入れになって」と言い、「ごきげんよう」「おそれいります」「ご免あそばせ」などと、ごく自然に丁寧な言葉遣いや物腰を身につけさせる教育であった。

昭和15年(1940)に、雙葉幼稚園で美智子さまを教えた和田郁子先生は、美智子さまの幼い頃の様子をこう語ってくれた。

「美智子さまは協調性があって、お友だちと仲よく遊んでいらっしゃいました。お髪がくるくるカールしたお子さまで、幼稚園でございますから特別の勉強はございませんでしたが、折り紙、お絵描き、なんでもお上手になさいました」

和田先生は美智子さまのご成婚以来、毎年10月20日の美智子さまのお誕生日に招待を受けている。一度の欠席もしないで、毎年出掛けているという。

「私の旧姓は野原といいます。クラス会で美智子さまとお目にかかるときは、『野原先生、やっぱり野原先生のほうがいいわね』とおっしゃって、私を旧姓でお呼びになります。

美智子さまのお母さま、富美子さんは美智子さまが幼稚園に入られたころにお目にかかりましたが、すっきりと背が高い方でした。お子さまの家庭でのおしつけは、きちんとなさっていることがわかりましたね。お子さまを見ていると、ご家庭の様子がわかるのです。幼稚園時代の美智子さまは活発で、どなたとも分け隔てなくお遊びになる、ということが正田家の教育方針であったと思います」

和田先生は、幼き日の美智子さまと出会ってから31年経った昭和46年(1971)に、小和田雅子さんと巡り合うことになる。

ご家族とともに住んでいたアメリカから帰国した雅子さんが、公立の小学校から田園調布雙葉小学校への編入試験にそなえて個人レッスンを受けに来たのである。

その頃、和田先生はすでに雙葉学園を退職し、雙葉の入学を希望する子どもたちの指導にあたっていた。

「私のところは田園調布雙葉を受ける人は少なかったのですが、お母さまの優美子さんがどこからか私のことをお聞きになって、『ぜひ娘を教えてほしい』と頼んでこられたのです」

小和田優美子さんは、おかっぱで丸顔の雅子さんを連れて、毎週1回、和田先生の自宅に通ってきた。

編入試験のためのレッスンだから、他の子どもはいなくて、雅子さんたった一人だった。8畳ほどの部屋で、机を挟んでマンツーマンの授業である。

そのとき和田先生が雅子さんに教えたことは、感謝の気持ち、目上の方を尊重すること、相手の気持ちになって考えること、人のために何かして差し上げることなどだったという。

「あまりおしゃべりしない無口なお子さんでした。人の話をよく聞かれ、アメリカから帰って来たばかりなのに、漢字が書き順もきちんとしっかり書けました。お母さまがきちんと勉強をさせているのだな、と感じました。

お母様の優美子さんは、姿勢がよくはきはきと物をおっしゃる方で、さすが外交官夫人でいらっしゃる、と思ったものです」

 

和田先生は、こう雅子さんの印象を語ってくれた。

和田先生は、美智子さまの母・正田富美子さんと、雅子さまの母・小和田優美子さんの共通点をあげてくれた。

「ご家庭でのしつけをしっかりなさっていらっしゃいました。これは間違いないですね」

美智子さまに続いて、31年後に再び教え子が妃にあがることになったのだ。

「私は雅子さんをおいてほかにいないと思っていましたので、途中で一度お話がなくなったときには、落胆いたしました。ご結婚が決まって本当によかったです」

そして和田先生の指導のかいあって、無事、雅子さんは田園調布雙葉小学校に編入することができた。

雅子さんが通った田園調布雙葉とは、どのような校風なのであろうか。

関連記事