〔photo〕gettyimages
# アリババ # Amazon

中国・アリババの最先端ホテルに泊まってわかった、そのヤバい実力

アマゾンさえも出遅れている……
進化と発展を繰り返し、社会を一変させようとしている世界の最先端デジタル企業。その最前線を活写した『GAFA×BATH 米中メガテック競争戦略』著者である立教大学ビジネススクールの田中道昭氏は、いま中国・杭州の「アリババパーク」に注目しているという。田中氏が実際にその最先端ホテルに宿泊してわかったのは「アリババ」が描く壮大な近未来都市の全貌と、同社の知られざる実力――。現地発、中国最強企業・アリババの最新レポート!
 

アリババパークで見た最先端ホテルの衝撃

そのホテルは入り口からSFだった。

「2001年宇宙の旅」や「スターウォーズ」のスペースコロニーを思い起こさせる作りで、ハリウッド映画の影響をふんだんに受けたデザインだ。ただしこのハイテクホテルがあるのは、ハリウッドでもシリコンバレーでもない。中国の杭州市である。

アリババのFlyZoo Hotelの入り口。まるでスペースコロニー。筆者撮影

中国EC最大手のアリババは、昨年11月に近未来ホテル「FlyZoo Hotel」をオープンさせた。アリババとしては初めての試みとなるこの近未来ホテルは、中国のEC事業で蓄積されたノウハウとAI×ビッグデータの技術の結晶である。それを体験するために筆者は3月、アリババの本拠地、杭州を訪問した。

そのホテルではチェックインの手続きから、従来のホテルとは一線を隔している。ホテルの案内係と陽気にあいさつを交わすことはあっても、チェックインカウンターで自分の氏名や住所を書き込むことはしない。顧客が最初に行うのは、まず専用アプリをダウンロードすること。そしてロビーに設置された端末やスマホで自分の顔を撮影することだ。専用アプリは決裁アプリであるアリペイに連動しており、それでチェックインは完了する。