〔photo〕gettyimages
# 5G

5G時代が本格到来! 私たちの社会や生活は「ここ」まで激変する

5G時代に大躍進する企業はこれだ!

デジタル革命で企業勢力図が塗り替わる

「平成」がまもなく終わりを迎える。失われた約30年だった「平成」は、日本経済と日本の株式市場にとっては低迷と苦難の時代だった。

〔photo〕iStock

一方、米国ではGAFAやFANGと言われるようにインターネット技術を活用したグローバルプラットフォーマーが登場し世界を席巻、米国株は史上最高値を更新し、米国経済の強さが一段と加速した30年であった。

この米国株の騰勢を後押ししたのがデジタル技術の進歩であることは、誰も疑いの余地がない事実であろう。米国でヤフーやグーグルがサービスを開始したのは20年程前(1990年代後半)、またマイクロソフトウィンドウズの初期バージョンが発売されたのは約30年前(1985年)で、その売上が飛躍的に伸び始めたのは1990年代半ばからだった。

以下は、平成元年(1898年)と平成30年(2018年)世界時価総額ランキングである。驚くことに平成元年(1898年)には、上位50社のうち日本企業が30社以上ランクインしていた。

 

しかし、それから30年が経過し、日本企業はトヨタ自動車1社が入っているのみで、上位のほとんどを米国企業が占めている。しかもそれらの企業は30年前とはほぼ顔ぶれが異なり、トップ5はGAFAやFANGを含むハイテク銘柄で占められている。

●世界時価総額ランキング上位10社
出所:筆者作成