初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よく回りたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回、沖縄県を案内していただいたのは、フードコーディネーター&カフェ「波羅蜜(パラミツ)」店主・根本きこさん。

沖縄本島の北部は、山や森林など自然がたくさんあり、ローカルには「やんばる(山原)」と呼ばれて親しまれています。滋味深くて生命力溢れる食材が豊富なやんばるで、根本きこさんが通う「“おいしい”に出会える店」を紹介します。

那覇空港からのアクセス
今帰仁村まで約87㎞。(今帰仁村役場まで)高速道路を使用して約1時間40分。
名護市まで約76㎞。(名護バスターミナルまで)高速道路を使用して約1時間20分。
大宜味村まで約90㎞。(大宜味村役場まで)高速道路を使用して約2時間。

新鮮な海老料理をリーズナブルに
食べられることで大人気!

くるまえびキッチン TAMAYA

美しい活車海老のお刺身¥690(3尾)。もしかして、まだ生きてる!?

宜野座養殖場直営レストラン「球屋」の姉妹店として2018年9月にオープン。沖縄本島と橋で繋がっている屋我地島にあり、抜群のロケーションで新鮮な車海老が楽しめる。

海老フライ定食¥1480(5尾)。

定番の海老フライ定食は「バリサクッ」としっかり揚がった衣にリピーター続出。季節の野菜フライやサラダなど、野菜もしっかり食べられ、ご飯・味噌汁・小鉢・おしんこ・デザート付きでボリューム満点。

店の目の前に広がる養殖場。

くるまえびキッチン TAMAYA(タマヤ)
沖縄県名護市字運天原285
☎0980-52-8080
営業時間:11:00~18:00(LO17:00)
定休日:水・木

刻みワサビとだし醤油で食べる
牛農家直送の絶品焼き肉

ホルモン焼肉居酒屋 Usi no ibukuro

焼肉4種盛り合わせ¥1950。

地元ではよく知られている牛農家の息子さんがオープンした、新鮮なお肉とホルモンが楽しめる焼き肉店。提供する肉のほとんどは店主の実家で大切に育てられている今帰仁産の和牛。お産を経た経産牛を使用するのは「とにかく味が濃い!」ため。

無煙ロースターを使用。

両面をさっと焼いたら、刻みワサビとだし醤油でいただくのがUsi no ibukuro流。噛み締めたときの深い味わいは格別だ。

テーブル席のほか、お一人様にうれしいカウンター、ファミリーも助かる半個室も。

ホルモン焼肉居酒屋 Usi no ibukuro(ウシノイブクロ)
沖縄県国頭郡今帰仁村字仲宗根155
☎0980-43-0739
営業時間:17:30~23:30(LO22:30)
定休日:不定

旅の拠点にオススメ!
暮らすように旅ができる
今帰仁のプライベート宿

somos

オーナーとゆかりのあるキューバと沖縄のカルチャーをミックスした2部屋はそれぞれ異なるインテリア。

小さい宿が多く点在する今帰仁にある2部屋のみのプライベート宿。できるだけ既製品を使わないように、内装や塗装も自分たちの手で行ったため、オープンまでに1年半を要した。

家族連れ、長期滞在も大歓迎。

その細部に至るこだわりが心地よく、観光の拠点としてはもちろん、一日中、部屋にこもりたくなるほど。

受け付けはこちらで。

車で約5分の場所にある赤墓ビーチでの散歩もおすすめだ。

Somos(ソモス)
沖縄県国頭郡今帰仁村字兼次271-1
☎0980-56-1266
http://somos-okinawa.com/

PROFILE

根本きこ Kiko Nemoto
フードコーディネーター、波羅蜜(パラミツ)店主。約8年前に神奈川の葉山からやんばるに移住。

●情報は、2019年4月現在のものです。
※本記事内の価格は、すべて税込み価格です。
Photo:Aiko Shibata Text:Lisa Nagamine Illustration:Goro Nagashima