Photo by gettyimages

運命の人は「嗅ぎ」わけろ! 今さら聞けない「ココロ」の質問箱

「噂好き」も「暗闇が怖い」も解説!
日本科学未来館には「科学者・技術者と一般の方々をつなげる」存在として科学コミュニケーターが常駐しています。昨年の夏休み、その1人が「科学に関するどんな質問にでも答えます」として、「夏休み科学コミュニケーター相談」を開催しました。

今回は、そこで出てきた質問のなかでも、「こころ」をめぐる味わい深いものをピックアップしてお届けします。


科学的にはこう言えるかもしれないのか──特別読み物、肩の力を抜いてお楽しみください。

赤い糸は「嗅いで」見つけろ!

──どうやったら「運命の人」を瞬時に見分けられるようになりますか?

HLA(免疫が自分と他人の細胞を見分けるためのシステム。臓器移植ではこれのタイプが重要視される)のタイプがより異なるほど相手に魅力を感じるという、508人もの被験者を使った調査結果があります(Kromer et al, 2016)。

Photo by gettyimages

これはパートナーのHLAのタイプがより異なるほど、子供がよりさまざまな種類の病原体に対抗できるからだと考えられています。

ただし、HLAタイプの違いは「見分け」ているのではなく、匂いで「嗅ぎ分けて」いるようなので、「運命の人かな?」と思ったら、何かしらの機会を作って匂いを嗅いでみることをおすすめします(そのことによって起きる、いかなる不測の事態にも責任は負いかねます)。

また、HLAのタイプをもとにマッチングを行う「DNA婚活」なるものも、すでにサービスが始まっているそうです。すごい時代になったものですね。

「かわいい」「かっこいい」進化論

──『かわいい』とか『かっこいい』って、どうして感じるのですか?

質問者が若い女性でしたので、若い女性が考えるところの「かわいい」「かっこいい」について考えてみたいと思います。

おそらく「かわいさ」の起源は、子供が親に庇護欲を起こさせるためのシグナルです。「わが子を庇護する」という行動と、「親を庇護したい気にさせる」行動はどちらも遺伝子の生き残りに有利に働くので、「子供らしい特徴に惹きつけられる形質」と、「子供らしい特徴」は互いに強め合う方向に進化します。

かくして、ヒトはヒトの子供のみならず、「丸っこい、目が大きい、動きがぎこちない」などの特徴を備えていれば、人間以外の動物や、架空のキャラクターなどの無生物に対しても「かわいい」と感じるようになってしまったと考えられます。

Photo by gettyimages

一方で「かっこよさ」の起源は、「自分は頼りがいのある優秀なハンターである」ことをアピールするシグナルだと思われます。