たった5日でベストスコア更新!最強の「ゴルフ上達法」登場

飛距離が伸びる「科学的3要素」とは?
ブルーバックス編集部 プロフィール

──それにしても、たった30分とは、ずいぶん短時間で変われるものですね。

板橋「世界標準のスイングは、科学的な合理性を備えた動きをするメソッドなので、効果が出てくるのも早いし、万人に適応するものだと考えています。私のスクールが開催する合宿は5日間ですが、そのスケジュールを終えるころには、ベストスコアを更新したり、50ヤードも飛距離を伸ばす人がいます。平均しても、20〜30ヤードは伸びますね」

──私も早速、板橋さんのメソッドで練習を始めています。飛距離が大きく伸びたというほどの効果はまだですが(笑)、ラウンドでミスショットしたときの飛距離のロスは、明らかに少なくなってきました。

板橋「じつはこのメソッドは、芝の上で打つ本番に強くなるスイングでもあるんです。日本のゴルファーは練習場のマットではうまく打てても、いざ芝の上で打つとイメージ通りの球が出ないと悩まれている人が多い。その意味で、世界標準のスイングは練習と本番の誤差が少ない、より実戦に強い打ち方だと言えます」

──45歳を境にハンディキャップが増え続けてきた悪い流れを、板橋さんのメソッドを学ぶことで断ち切れるような気がしてきました。ありがとうございました。

板橋「特に、長年ゴルフをやってきたのになかなかスコアが縮まらない人、そしてこれからゴルフを始めようという人には、ぜひともお読みいただきたいと思います。スランプで悩んできた人は必ずやその長いトンネルから抜け出せるはずです。これからゴルフを始める人は、ケガをせずに生涯を通じてゴルフを楽しむことができるスイングが身につくでしょう」

【書影】化学的ゴルフ上達法

世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法

板橋 繁(ヒルズ学園ゴルフ部元監督)

世界標準で打てば、飛距離が伸びる! まっすぐ飛ぶ! スコアも劇的に縮む! 欧米のトップ・プロが実践するスイングに精通し、1回のレッスンで劇的に上達させるカリスマコーチによるG1メソッドが初の書籍化!